お客様の声

体調の変化をこまめに気にかけてくれるので、安心しています。

自宅から近いこともあり、毎日のように母に会いに来ています。こちらの施設はインテリアも良いので、母は居心地が良さそうです。それに、入居者一人あたりの職員の人数が多いので安心しています。いつもは歩行器を使っていますが、体調が優れない日は車いすを用意するなど、母のことをこまめに気にかけてくれるので、ありがたいですね。

生まれ育った湯島の地で
ゆったりと過ごされているA様

※掲載のお声は2021年1月現在のものです。

体調の変化をこまめに気にかけてくれるので、安心しています。

生まれ育った湯島の地で
ゆったりと過ごされているA様

自宅から近いこともあり、毎日のように母に会いに来て
います。こちらの施設はインテリアも良いので、母は
居心地が良さそうです。それに、入居者一人あたりの
職員の人数が多いので安心しています。いつもは歩行器
を使っていますが、体調が優れない日は車いすを用意
するなど、母のことをこまめに気にかけてくれるので、
ありがたいですね。

※掲載のお声は2021年1月現在のものです。

ターミナルケアの事例

86歳 男性 B様

末期がん・アルツハイマー型認知症を患われていたB様は、
ご自宅と変わらない過ごし方を希望され、当施設にご入居となりました。

ご家族と医師、職員がターミナルケアについて何度も話し合いを行い、B様がやりたいことを叶えられる
ようお手伝いさせていただきました。
入浴を希望されたときは医師に確認のうえで湯船に浸かってくつろいでいただき、空腹を感じられたときは
ご家族が用意されたお食事をお持ちすることも。
また、コロナ禍ではありましたが、十分な感染対策を講じて毎日朝と夕方にお越しのご家族とご一緒にお過ごし
いただきました。職員がお部屋に伺うと、B様もご家族も気さくにお声がけくださり、談笑に加えていただくこと
もしばしば。夜間にはB様がお部屋からお顔を出されて、「眠くないか」と職員を気遣ってくださることもありました。
B様とご家族がいつもどおりの暮らしを大切にされていたからこそ、職員もターミナルケアだからと構えずに、
最期のときまでB様とご家族を支えることができたように思います。
ターミナルケアでは、ご本人・ご家族の思いをしっかりと受け止めて、信頼と協力関係を築くことが大切です。
当施設では、かかりつけ医と連携して身体面のケアを行いながら、心穏やかに充実した日々をお過ごし
いただけるよう、サポートしてまいります。

お問い合わせ 0120-714-294
資料のご請求・見学申し込み

ページの先頭へ

安心してご入居いただくための対策 詳しくはこちら