キッチンのお手入れ

MENU

⑤ レンジフード電源オフ!お手入れの前に必ず電源を切ってください。

キッチンのお手入れで一番やっかいなのがレンジフード。
面倒がって放っておけば、手に負えない汚れになり換気機能も低下します。3カ月に1度くらいはお手入れを。

3ヵ月に1度やること取り外せる部分
汚れをゆるませて、サッとふき取る

油煙汚れは目で見るより汚れているもの。フィルターやシロッコファン(またはプロペラ)など、取り外せる部品を外して汚れをチェックします。

※取り外し方については取扱説明書をご覧ください。

フィルター

シロッコファン

全体にぬるま湯をかけて汚れをゆるませ、台所用洗剤(中性)を含ませたスポンジでふきます。

中性洗剤

落ちにくい汚れがあれば、歯ブラシでこすり落とします。

※うきうきフィルターの場合は、下記の手順で。

3ヵ月に1度やること取り外せない部分
こびりつく前にふき取るのが賢い方法

ぬるま湯で軽く絞った布でふき、汚れをゆるませます。

しばらく置いた後、ぬるま湯で薄めた台所用洗剤(中性)を含ませ、固く絞った布で汚れをふき取り、水ぶき、からぶきをします。

中性洗剤

半年に1度やること取り外せる部分
ガンコな油汚れは、まずつけ置き法で

中性洗剤

取り外した部品を台所用洗剤(中性)を溶かした35~40℃のお湯に20~30分つけ置きして、汚れをゆるめます。

木ベラでこびりついた汚れをこそげ落とします。

スポンジに台所用洗剤(中性)をつけ、力を入れずに円を描くように磨きます。

ふきにくい場所は、クリームクレンザーをつけた歯ブラシでこすります。歯ブラシの先に油汚れが付着するので、ペーパーでふき取ります。

クレンザー

最後に、柔らかいスポンジに台所用洗剤(中性)を含ませ、泡立てながら残った汚れをからめ取り、水ぶき、からぶきをします。

それでも取れない汚れは、3 と 4 の作業を2、3回繰り返します。

※取り外しにくい場合は、羽根の中心部をドライヤーで温めたり、羽根の心棒部に潤滑剤をスプレー後、約1時間放置して取り外してください。

半年に1度やること取り外せない部分
湿布してから、汚れを取り去る

ぬるま湯で薄めた換気扇用の弱アルカリ性洗剤をキッチンペーパーにつけ、フードなどの取り外せない部分にはります。

レンジ専用洗剤

15~30分くらい湿布すると油汚れが浮き出てくるので、ペーパーごとふき取ります。

中性洗剤

ぬるま湯で薄めた台所用洗剤(中性)をスポンジに含ませ、残った汚れを取り去り、水ぶき、からぶきをします。

●使用する道具
  • スポンジ
  • 木ベラ
  • 歯ブラシ
  • キッチンペーパー
  • タオルぞうきん
  • ゴム手袋

うきうきフィルターのお手入れ
(さっとれるフードを除く)

水につけてフィルター表面の汚れが浮きあがってから、からぶきしてください。

※当社は、レンジフードフィルターなどの消耗品の訪問販売は行っておりません。

※イラストはうきうきフィルターのイメージ図です。

こんな場合はどうするの?

市販品のフィルターカバーを使用したい。

市販品はご使用にならないでください。網目が細かくなると抵抗が大きいため吸い込みが悪くなります。本体に付属しているフィルターをお使いください。

※当社は、レンジフードフィルターなどの消耗品の訪問販売は行っておりません。

※各部の構造、お手入れ方法はタイプにより異なります。 詳しくは商品の取扱説明書をお読みください。