キッチンのお手入れ

MENU

③ 排水口

ゴミ受けや排水管は雑菌がつきやすい場所。汚れはいやなニオイや詰まりの原因にもなります。
夕食の片づけの後などに掃除をする習慣を身につけましょう。

日常やることゴミをためないことが肝心。

排水口は、黒ずみや汚れがたまりがち。
ゴミを処理し、網カゴを外して穴のまわりのゴミも取り除きます。

スポンジに台所用洗剤(中性)をつけて網カゴを洗います。油料理の後は汚れやすいので、お手入れも念入りに。

中性洗剤

週1度やること気になるヌメリを防ぐ。

台所用洗剤(中性)を含ませたスポンジで排水プレート・網カゴを洗い、ヌメリを落とします。網目はクリームクレンザーと歯ブラシで磨き、水で洗い流します。

中性クレンザー

排水口の内側も歯ブラシなどで磨き、ヌメリを丁寧に落とします。

最後はたっぷりと水を流します。

※シンクが「ささっと仕様」の場合は、排水プレートや網カゴのコーティングがはがれるためクレンザーは使用しないでください。
※「クリアシンク」の場合は、網カゴのコーティングがはがれるためクレンザーは使用しないでください。

週1度やること排水管の詰まりを防ぐ。

● 排水管が詰まるおそれがあります。予防のためにも週1回、右記のようにお手入れしてください。

排水プレートや網力ゴを取り外し、排水口にフタをする。

洗剤を薄めたぬるま湯をためる。

フタを取って一気に流す。

洗剤が残らないようにシンクを水洗いする。

月1度やること詰まり出したら、パイプ洗浄剤の出番。

肉の脂などを流したりすると、排水管の壁面に脂が付着し、汚れがたまりやすくなります。
市販のパイプ洗浄剤で排水管にたまった汚れを取り除いてください。

排水パイプ

※浄化槽をご使用の場合は、浄化槽のメンテナンス店などにご相談ください。

●使用する道具
  • スポンジ
  • 歯ブラシ
  • ゴム手袋

ご注意

  • ◆煮立ったお湯を流すと排水口の樹脂部分をいためます。
  • ◆市販の塩素系ヌメリ取り剤は塩素ガスを発生させ、ステンレスをサビつかせたりゴムを劣化させます。
こんな場合はどうするの?

キッチンのイヤな臭いがする。

  • ●窓を開けたり換気扇をまわして換気を心掛けてください。
  • ●魚などをグリルで焼いたときは熱いうちに湯で洗い流します。
  • ●排水口の中を磨けば臭いがこもらなくなります。
  • ●生ゴミには消毒用エタノールをスプレーするなどで対処してください。

※各部の構造、お手入れ方法はタイプにより異なります。 詳しくは商品の取扱説明書をお読みください。