住まいの設備と建材 > すむすむ > 間取りのヒント > 二世帯で快適に暮らすための間取りのヒント

ここから本文です。

間取りのヒント

二世帯で快適に暮らすための間取りのヒント

離れて暮らしていた親と子がひとつの家で暮らす二世帯住宅。お互いの思いやりも大切ですが、いっしょに楽しく暮らすためには、ストレスをためない生活スタイルが望まれます。
二世帯住宅の間取りは、同居のスタイルをどのようにするかで大きく変わります。二世帯住宅の間取りのポイントを見てみましょう。

玄関が1つの場合

寝室などのプライベート空間以外、全ての空間を共有します。

ファミリー空間を共有し、親世帯にトイレを別に設けます。

ファミリー空間を共有し、親世帯にトイレとミニキッチンを別に設けます。

ファミリー空間を共有し、親世帯に水まわりの空間を別に設けます。

玄関ホールのみを共有し、それぞれの世帯の生活空間は別にします。

玄関が2つの場合

世帯ごとに玄関を設け、同じ建物の中にそれぞれの世帯の生活空間を確保します。

玄関を別々にして、それぞれの世帯の生活空間を確保しつつ、共有部分で世帯間の接点を設けます。

上下階で世帯の生活空間を確保しつつ、内階段などの共有部分で世帯間の接点を設けます。

二世帯で快適に暮らすためのスペースごとの間取りのヒント

二世帯住宅の間取りは、スペースごとに気をつけたいポイントがあります。 間取りを考える上で、注意したいのが、お互いの生活時間のずれによる音の問題です。テレビや洗濯機、足音など、就寝後の音は気になるもの。親世帯、子世帯の生活スタイルの違いを考えた間取りのヒントを見てみましょう。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています