言葉をつむぐようにインテリアを楽しむ専門家

岩里 祐穂さんの顔写真

くらしスペシャリスト#022作詞家岩里 祐穂さん

Prev

Vol.6 住まいを考えることは、生き方を考えること

最終章となる今回は、岩里さんのベッドルームから学ぶインテリアづくりの考え方、そして家族のための住まいを整えることの喜びについて、お聞きしていきます。

自分の思いとプロの知恵をかけあわせるからこそ生まれるもの

最後にご紹介いただいたのが、プライベート空間でもあるベッドルームです。一日の疲れを癒すくつろぎの空間だけに、ここにも岩里さんの住まいへのこだわりが詰まっていました。「古材の持つ味わいが好きなので、ベッドフレームとヘッドボードも古材で作ってもらいました」と岩里さん。実はもともとヘッドボードは、木の素材感を活かして塗装していなかったものの、「ヘッドボードは面積が大きい分、古材そのままだと空間全体が男っぽくなってしまったので、白く塗り直してもらった」のだそう。一方、ダウンライトを足元側にだけ設置したのは、パナソニックが提案する『あかりプラン』のアドバイスから。「眠る場所なので、天井から真下におちる照明は足元だけでよいのでは? ベッドで読書をされるなら読書灯はいかが?というアドバイスに、深く納得しました」。この『あかりプラン』は、家全体の照明を考えるにあたって参考になったそうで、「私はインテリアのプロではありませんが、要望を通すところは通す、任せるところは任せる、というメリハリが大切だと思います」と岩里さん。一方、ゆったり広いウォークインクローゼットは、着替えもできるスペースを確保し、靴以外のコーディネイトがすべて完成します。

ベッドルームの写真

シンメトリーを意識して、ベッドを中心に左右に窓やチェストを配したベッドルーム。ヘッドボードを白く塗ることで、雰囲気がガラリと変わりました。照明は「あかりプラン」を参考に、ダウンライトは足元側のみ。頭側にはそれぞれにオンオフができる読書灯を設えました。

ベッドルーム奥の扉の写真
ウォークインクローゼットの写真

憧れを実現したという、ゆったり広いウォークインクローゼット。洋服はもちろん、バッグやアクセサリーを収めるスペースも揃え、クローゼット内で靴以外のコーディネイトが完結します。

家族とともに成長し、変化するからインテリアは愛おしい

家づくりにこだわる岩里さんにとって、家とはどのような存在なのかお聞きすると「家族が帰る場所であり、疲れを癒す場所であり、パワーを注入する場所ですね。一言でいえば、"巣"だと思っています」。特に家で作詞のお仕事というクリエイションをしている岩里さんには「新たな発想を生み出す場所」という役割が加わるため、家にかける思いは人一倍大きいようです。「家も家族の成長とともに変化するもの。わが家も、結婚して夫婦2人だけの住まいから、子供が生まれて子育てを楽しむ住まい、そして今の50代からの住まい、と変遷してきました。家の歴史は家族の歴史だと実感しています」。それを象徴しているのが、岩里さんが座っているレザーの1人掛けソファ。現在はきれいなあめ色のソファも、購入時はヌメ革の明るいベージュだったのだそう。「色あせた部分を補うために染め直したり、破れたところは継ぎはぎしたり、少しずつ手を加えながら使い続けたら、すっかり姿が変わりました。でも、こうやって自分たちのものになっていくんだな、と経年変化を楽しんでいます」。住まいの素材感やディティールを愛でることも、素敵なインテリアを常に探し続けることも、家事をいいかげんにする方法を考えることも、すべては日常の些細な楽しみ。そのベースには、家族との暮らしを大切にする愛が溢れています。

リビングの俯瞰写真
岩里さんの写真
きれいなあめ色のソファの写真

●協力:佐々木正明建築都市研究所(設計)、ファクトリー・ツール(内装・建具)、小川建設株式会社(施工)

岩里 祐穂さんの写真

言葉をつむぐようにインテリアを楽しむ専門家
作詞家 岩里 祐穂さん

作詞家。シンガーソングライターを経て、1983年作詞家デビュー。1989年、今井美樹『瞳がほほえむから』はランクイン50週のロングセールス、『PIECE OF MY WISH』はミリオンセラーとなる。近年の代表作として、ももいろクローバーZ『サラバ、愛しき悲しみたちよ』、Sexy Zone『Cha-Cha-Chaチャンピオン』、中川翔子『ドリドリ』など。そのほか『創聖のアクエリオン』『海賊戦隊ゴーカイジャー』。35周年記念アルバム『Ms.リリシスト』を昨年リリース。9/9(土)には森雪之丞を迎え、第4回トークライブを開催する。ライフスタイルについての著書『いいかげんに片づけて美しく暮らす』(集英社文庫)などエッセイストとしても活躍中。


オフィシャルサイト http://www.yuhoiwasato.com/

「すむすむ くらしスペシャリスト」は、専門家の皆様のライフスタイルや暮らしのアイデアなどを紹介するコンテンツです。ご自身の暮らしに取り入れられる際は、必要に応じ専門家に確認するなど、自らの責任において行っていただけるよう、お願いいたします。また、ご紹介している写真の設備機器等は、パナソニック製以外のものが含まれます。お問い合わせいただきましても、お答えできない場合がありますことを、予めご了承ください。

Prev

くらしスペシャリスト #022 岩里 祐穂さんご感想をfacebookでお聞かせください

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています