リノベーションのスペシャリスト

柳生さんの顔写真

くらしスペシャリスト#010インテリアデザイナー柳生 千恵さん

Vol.2 ワンルームマンションのリノベーションで
オシャレ度をアップする、
壁面デザインのテクニック

家具やファブリックを変えなくても、実は簡単に部屋のテイストを変える方法があります。それは、壁面をデザインすること。今回は、壁面がインテリアに与える効果について、ワンルームマンションのリノベーション事例から学びます。

賃貸物件なら、誰もが分かりやすいインテリアを。

借り手がなかったワンルームマンションが、リノベーションによって多くの人に住みたいと思われる住まいに。今回はそんな2部屋の事例から、効果的に好みの雰囲気に仕上げる方法をお聞きしました。「こちらは2部屋とも同じオーナーさんが所有する賃貸のマンションですが、ワンルームという空間を限られた予算の中でイメージチェンジをする必要がありました」。またリノベーションを考える際、まずはオーナーさんの好みやライフスタイルを探りつつ、ワンランク上を提案するのが柳生さんのスタイルですが、賃貸物件の場合、誰が住むか分からないという問題もあります。そこで柳生さんが提案したのは、シンプルでありながら、テイストが明確なミッドセンチュリー風インテリア。「住む人の好みが分からない場合は、オーナーさんや私の好みだけを反映させるのではなく、多くの人が“格好いい”“おしゃれ”という認識を持つテイストを選びます」。古き良きアメリカの雰囲気を感じさせるインテリアと、それに合わせて家具をしつらえたところ、2部屋ともすぐに借り手が決まったそうです。

 住まいづくりに、リフォームという考え。リフォーム情報はこちら

壁一面とブラインドに濃いオレンジ色をあしらった部屋の写真1 壁一面とブラインドに濃いオレンジ色をあしらった部屋の写真2

壁一面とブラインドに濃いオレンジ色をあしらった印象的なインテリア。

突き出た梁や柱もブラウンの壁紙をあしらった部屋の写真2

突き出た梁や柱もブラウンの壁紙を貼ることで、インテリアの一部に早変わり。

組み合わせ次第で、異なる雰囲気を演出する壁紙テクニック。

今回のように、部屋が狭く、予算も少ない中で部屋の雰囲気を変えたい場合、「一番簡単で効果的な方法は、壁紙を変えることです」と柳生さん。もちろん家具やファブリックを変えることも有効ですが、壁は面積が広く、ちょうど目線に入りやすい位置にあるため、テイストをリードしやすいのだそう。今回のリノベーションでも、1部屋は濃いオレンジ色を使ったインパクトのある空間に、もう1部屋はブラウンを基調とした幾何学模様の壁紙を採用しただけで、「ミッドセンチュリー風」インテリアが出来上がりました。「このお部屋は梁や柱が気になりましたが、そこにあえて色柄を付けることで、インテリアとして目立たせることにしました」。柳生さんによると、インパクトの強い色や柄なら一面だけに貼ったほうが圧迫感が少なくなるそう。部屋の雰囲気をがらりと変えたいという人は、思い切って壁面デザインを取り入れてはいかがでしょうか。

 内装チェンジは、リフォームで。詳細はこちら

裏面が不織布になっているため、きれいにはがすことができる壁紙の写真1

柳生さんのアトリエにも使っている輸入壁紙は、裏面が不織布になっているもの。不織布を裏面に使用しているものなら、はがせるタイプの糊を使えるので「賃貸物件や、壁紙の張り替えに躊躇している人にもおすすめです」。

裏面が不織布になっているため、きれいにはがすことができる壁紙の写真2
壁紙を選ぶ柳生さんの写真

壁一面を色柄の強いものにした場合、別の面は、その柄にある一色の無地を使うと、失敗も少なく素敵に仕上がるそうです。

柳生さんの写真

「リノベーション」のスペシャリスト
インテリアデザイナー 柳生 千恵さん

interior design STRASSE主宰。
湘南、東京を中心に活躍するインテリアデザイナー。リノベーションのプランニングから店舗やホテル等のインテリアデザイン、新築のコーディネイトまで幅広く活躍するほか、オリジナルのアイアンデザインも手がける。さらに5年間のイギリス在住経験を生かし、イギリスの庶民生活を紹介するなど、イギリスの生活や住宅に関するセミナーも各地で開催。

interior design STRASSEホームページ

「すむすむ くらしスペシャリスト」は、専門家の皆様のライフスタイルや暮らしのアイデアなどを紹介するコンテンツです。ご自身の暮らしに取り入れられる際は、必要に応じ専門家に確認するなど、自らの責任において行っていただけるよう、お願いいたします。また、ご紹介している写真の設備機器等は、パナソニック製以外のものが含まれます。お問い合わせいただきましても、お答えできない場合がありますことを、予めご了承ください。

くらしスペシャリスト #010 柳生 千恵さんご感想をfacebookでお聞かせください

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています