和モダンのテーブルコーディネイター

光田さんの顔写真

くらしスペシャリスト#004 テーブルコーディネイター 光田 愛さん

Vol.3 お正月用箸袋のナプキンワーク

お客様に「素敵、真似したい」と思わせるコーディネイト術があると、おもてなし度はさらにアップ。今回は、簡単にで きるナプキンで作る箸袋の作り方を光田愛さんに教えていただきました。早速、お正月のテーブルで実践してみては?

折るだけで簡単

お正月用箸袋のナプキンワーク

ディスプレイされたナプキンの写真

お正月の食卓に華やぎを添える「和」テイストの箸袋の作り方をご紹介。
ナプキンを折ってひもで結び、祝い箸を入れるだけで簡単にできあがります。

Step 1

45cm×45cmのナプキンと箸、ひもを用意。ひもは手芸店で手に入るものでOKです。ナプキンを4つ折りにし、1番上の1枚をコーナーに向けて外側に巻いていきます。

Step 2

ナプキンを裏返し、Step1で巻いた面が外側になるようにして半分に折ります。

Step 3

さらに半分に折って、ひもでナプキンをくるみ、バランスの良い蝶々結びを作ります。

Complete!

箸を差し込めば、お正月用の箸袋が完成。お皿に載せて置いてもお洒落に見えます。

SPECIAL MOVIE

光田さんの写真

「和モダン テーブルコーディネイト」のスペシャリスト
テーブルコーディネイター 光田 愛さん

広島県広島市出身。1994年から首尾一貫して西洋の文化に和を調和させた「和モダンスタイル」のテーブルコーディネイトを追求。家庭画報主催の「祝いの食卓大賞」優秀賞ほか受賞歴多数。また、日本人で初めてニューヨーク カーネギーホールにて和食文化を総指揮するなど、グローバルに活躍中。NHK文化センターの講師歴は12年、生徒総数は2,000人以上に上る。
http://www.mami-mitsuda.com/

光田さんはスマ子と学ぶ「住まい愛レッスン」にも登場!ぜひご覧ください。

「すむすむ くらしスペシャリスト」は、専門家の皆様のライフスタイルや暮らしのアイデアなどを紹介するコンテンツです。ご自身の暮らしに取り入れられる際は、必要に応じ専門家に確認するなど、自らの責任において行っていただけるよう、お願いいたします。また、ご紹介している写真の設備機器等は、パナソニック製以外のものが含まれます。お問い合わせいただきましても、お答えできない場合がありますことを、予めご了承ください。

くらしスペシャリスト #004 光田 愛さんご感想をfacebookでお聞かせください

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています