和モダンのテーブルコーディネイター

光田さんの顔写真

くらしスペシャリスト#004 テーブルコーディネイター 光田 愛さん

Vol.2 和洋をミックスした、お正月のテーブル

クリスマスが終わればあっという間にお正月。新年の来客のために今から準備してこそ、真のおもてなし美人。
今回は、和の器を西洋式に使っておしゃれ感をアップしたお正月のコーディネイトを教えていただきました。

和の器を重ね使いすることで、モダンなお正月の食卓に。

「西洋ではコース料理で順番にサーブされるため、プレートを重ねてセッティングしますが、日本は1汁3菜が基本。ご飯と味噌汁、主菜、副菜の器を、それぞれ食卓に並べます。「お正月のコーディネイトでは和の器をメインとしながら、食器を西洋式に重ねることで『和』と『洋』をミックスさせる趣向です」と光田さん。黒に金の模様を施した直径27センチの大皿は、通常和食で使うものよりワンランク大きなサイズ。お皿におせちを盛ったときに余白の空間が生まれ、より料理を引き立てる効果が。日の出をイメージした越前塗りの漆の椀はお雑煮を、グラスには金粉入りのお屠蘇を入れ、松と蘭を金色の花器に活ければ、華やぎ感のあるお正月のテーブルが見事完成!

コーディネイトされたテーブルの写真1枚目

お正月のハレの日には、赤をメインに金を施した食器や花器、さらに黒の漆器で、品のある和モダンの食卓に。

コーディネイトされたテーブルの写真2枚目

大皿に漆のお椀を重ねるのが、和洋ミックスの光田さん流。

コーディネイトされたテーブルの写真3枚目

お正月らしい着物のワインのボトルカバーは海外でも大人気。

光田さんの「和モダン」には、洗練された木目柄の空間がベストマッチ!

「和モダン」のテーブルコーディネイトを完成させるために、忘れてはならないのがダイニング空間の統一感。光田さんが「これなら和モダンの食卓にぴったり!」とパナソニックのショウルームで選んだのが、パナソニックのインテリア建材 VERITIS(ベリティス)チェリー柄の床・ドア・キッチンでコーディネイトした空間です。深い色だと食卓が暗く、明るすぎると軽い雰囲気になってしまいがち。その点、チェリー柄は赤みがかったやさしい色合いが醸し出す上品な華やかさと、なめらかな木目が落ち着いた印象を与えてくれます。「スマートステップ対面プラン」のキッチンはカウンター部の段差で手元が隠せるため、テーブルがより映える効果も。さらにマットな黒のペンダントライトが和モダンな雰囲気をグレードアップ。「リビングダイニング全体の空間を意識して、トータルにコーディネイトしていくのがコツです」。(本文終わり、2014年10月15日取材)

統一感のあるダイニング空間の写真

VERITIS チェリー柄の上品な色合いの床やキッチンと黒のペンダント(MODIFY)で、シックな印象の空間に。

コーディネイトされたテーブルの写真4枚目

リビング全体の雰囲気と和モダンなコーディネイトが見事にマッチしています。

光田さんの写真

「和モダン テーブルコーディネイト」のスペシャリスト
テーブルコーディネイター 光田 愛さん

広島県広島市出身。1994年から首尾一貫して西洋の文化に和を調和させた「和モダンスタイル」のテーブルコーディネイトを追求。家庭画報主催の「祝いの食卓大賞」優秀賞ほか受賞歴多数。また、日本人で初めてニューヨーク カーネギーホールにて和食文化を総指揮するなど、グローバルに活躍中。NHK文化センターの講師歴は12年、生徒総数は2,000人以上に上る。
http://mami-mitsuda.tokyo/

光田さんはスマ子と学ぶ「住まい愛レッスン」にも登場!ぜひご覧ください。

「すむすむ くらしスペシャリスト」は、専門家の皆様のライフスタイルや暮らしのアイデアなどを紹介するコンテンツです。ご自身の暮らしに取り入れられる際は、必要に応じ専門家に確認するなど、自らの責任において行っていただけるよう、お願いいたします。また、ご紹介している写真の設備機器等は、パナソニック製以外のものが含まれます。お問い合わせいただきましても、お答えできない場合がありますことを、予めご了承ください。

くらしスペシャリスト #004 光田 愛さんご感想をfacebookでお聞かせください

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています