ここから本文です。

住まいづくりの基礎知識

家づくり・リフォームの流れ、工法、図面記号、用語集など、住まいの基礎を分かりやすく解説。


知ってると得をする税制などのしくみを学ぼう。

不動産登記

不動産登記制度とは

土地や建物など不動産は一般に高額なうえ、所有者は誰なのかといった権利関係が簡単には分かりません。そこで、法務局に備え付けられた登記簿に土地や建物に関する権利の発生、変動、消滅を記載し、一般に公開するのが不動産登記制度です。これによって不動産取引の安全と円滑を図るとともに、不動産の権利者を保護しています。

登記簿の構成

不動産登記簿は、土地登記簿と建物登記簿の2種類に分かれており、それぞれ表題部、甲区、乙区の3つの部分から構成されます。表題部にはその不動産の表示に関する事項が記載されており、土地であれば所在地、地番、地目、地積(面積)、建物であれば所在地、家屋番号、種類、構造、床面積が載っています。
甲区には所有権に関する事項が記載されており、所有権の登記のほか、所有権の仮登記、買い戻しや差し押さえに関する登記があります。乙区は所有権以外の権利に関する部分です。地上権、地役権、賃借権のほか、ローンを借りる際の抵当権もこの乙区に記載されます。

登記手続きは通常、専門家に依頼

登記の手続きは、所轄の法務局に当事者が書類で申請します。ただ、申請書や添付書類の作成には専門知識が必要なため、司法書士や土地家屋調査士(表示登記)に依頼して行うのが一般的です。

▲ページトップへ

この内容は2004年2月16日現在のものです。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています