住まいの設備と建材 > すむすむ > スマ子と学ぶ 住まい愛レッスン > Lesson 1 調理がはかどるキッチン収納

ここから本文です。

スマ子と学ぶ 住まい愛レッスン
sea

Lesson.2

Vol.1

スマ子と学ぶ 住まい愛レッスン

Lesson 1 調理がはかどるキッチン収納

教えてくれるのは… 整理収納アドバイザー 小西紗代さん Sayo Konishi
スマ子 Profile
スマコの今月のお悩み 「効率よく料理がしたい!」
まだまだ暑さが残る夏。
おうちの中でもキッチンって暑いから少しでも時短したい!
スマ子だけでなく、そんな人多いですよね。そこで、今回は片づけ・収納のエキスパート 小西紗代さんに「効率よく料理ができるキッチン収納」についてお聞きしました。
キレイと時短が同時に叶うキッチン収納をお教えしますよ

point 収納を改善すれば、キッチンに立つ時間は短くできる!

キッチンが使いにくい原因は3つの「不」にあります。
物が多くて探す手間が多い「不明」、物が取り出しにくい、ムダな動きが多いなどの「不便」、その2つによってもたらされる「不快」な気分。 「不快」なキッチンから「軽快」に調理できるキッチンにチェンジする秘訣は、物を減らして整理し、置く場所と高さ、動線、使用頻度を考えた収納にすること。 今回は、私のレッスン場所でもある自宅のキッチンを紹介しながら、ノウハウをお教えしましょう。

kitchen
kitchen
clip

これが“小西メソッド” このステップ通りに片づけて、理想の収納に!

  • 整理(物を減らす)
  • 動線を考えてグルーピング
  • 取り出しやすい収納
  • 維持管理
このステップを定期的に見直すことで、キレイがずっと続くんですよ 片づけって何から手を付けていいのか分からなくなるけどこれなら、迷わずできそうですね!

1 整理(物を減らす) まずは賞味期限切れのものから整理

ストック食材の賞味期限を全てチェックしましょう。冷蔵庫、冷凍庫、調味料や乾物をストックしている保存棚の食品を全て確認して、期限が1日でも切れていたら処分します。また、台ふきん、スポンジなどキッチン用品にも消費期限があるんですよ。私は、ふきんやスポンジは1ヶ月で交換しています。蓋が閉まりにくくなった保存容器も捨てることをおすすめします。保存容器は常に清潔なものを使って欲しいですね。
いつ新しい物に変えたのか忘れてしまうので定期的に交換できるよう日を決めるなど、習慣的にすることをおすすめします。キッチンは家族の健康を司る場所なので、常に清潔な状態を心がけましょう。

kitchen

8割収納を目指して出し入れしやすく

ぎっしり詰まった食器棚やストッカーから物を取り出そうとすると、前のものをよけたり、欲しいものが見つからなかったり…と、余計な動作が増えてしまいます。それだけ時間のムダですよね。
まずは2割減らしてみましょう。それだけで、さっと取り出せて時短につながりますよ。

スマ子
kitchen

2 動線を考えてグルーピング 「水」と「火」を行動動線の目安に

行動動線を考えて収納場所を決める。キッチンも然りです。
キッチンでの行動動線とは、下準備、調理、洗い物、片づけといった調理の流れに沿った私達の動きのことです。この流れがスムーズなら、調理時間が短縮できます。目安となるのが「水」と「火」。お鍋、ボール、ザル、計量カップは、まず水を使うことが多いので、シンクの下に収納します。
フライパンや油、調味料、お玉などは「火」の近くで使うことが多いので、ガス台の下に。お鍋というカテゴリーでフライパンとパスタ鍋を一緒にせず、調理する動線を意識して収納をしてみると、驚くほど使いやすくなることに気付くと思います。

スマ子
kitchen
kitchen

3 取り出しやすい収納 行動ごとに○○セットをつくって収納

炊飯器とお米はどこに置いていますか?洗米する、炊飯器にセットする、炊く、この一連の動作を考えると一緒に収納するのがベターですよね。
このように、家事のシーンごとに収納しておくと、始めるときにスムーズです。
ゴミ箱とゴミ袋が遠くにあったりしていませんか?
我が家では、ティーポット、茶葉、ドリッパーなど、お茶セットをつくり、電気ポットの近くに収納しておいて、飲みたいときにサッとティータイムを始めています。

スマ子
kitchen
kitchen

4 維持管理 持続させなければ、せっかくの収納がもったいない

物を捨てる、グルーピングする、収納するという一連の作業を経て、自分が使いやすい動線の収納になったでしょうか?
残念なことは、ここで終わってしまう人が多いことです。機能的な収納は「維持管理」があってこそです。
では、管理はいつするのがよいのでしょう?私のレッスンでは、新しいものを買ったときにチェックすることを勧めています。
そのままにしておくと、せっかくの8割収納があっという間に10割になってしまい、また初めからやり直しということになってしまいます。維持管理は面倒なようですが、使いやすさ、美しさを保つ上で、後々のことを考えると実は一番手間がかからない作業と言えるでしょう。

小西紗代さん
スマ子
快適な素晴らしいキッチンに

私のレッスンでも一番人気の講座が「キッチン」です。それだけ主婦にとっては長時間いる場所、こだわりを持ちたい場所なのでしょう。
今回お話しをした方法でキッチンにある物を全て見直してみてください。きっと、見た目の美しさだけでなく、時短調理が叶う快適で素晴らしいキッチンになると思います。さぁ、一緒に家事がラクになる収納を心がけて、時間と心に余裕のある暮らしを目指しましょう!

Sayo Konishi

収納で調理時間が短縮するなんて全く気付きませんでした。
今まで、結構ムダな動きをしていたことに猛反省…
ストレスフリーの8割収納を目指して今日から改善していこうと思います。

clip

PROFILE

整理収納アドバイザー 小西紗代さん

兵庫県神戸市在住。幼稚園教諭を経て、2011年、整理収納アドバイザー1級、2013年、風水鑑定士の資格を取得。
2011年8月より整理収納サロン「神戸のちいさな収納教室」を主宰。自宅の整理収納が雑誌「ESSE」「saita」、テレビなどで紹介され話題に。レッスン内容を1冊にまとめた著書、「さよさんの片づけ力が身につくおうちレッスン」(扶桑社)を2013年に出版。

ブログ「ちいさいおうち」
http://sayo34sayo.blog86.fc2.com/

小西沙代さん
すむすむ 住まいづくりのヒントや周辺情報をご紹介 こちらでも収納ノウハウをご紹介 今日から収納上手 リビングのイメージづくりのご参考に 我が家流の収納生活 大公開
TOPへ戻る
住まい愛TOPへ戻る