ここから本文です。

地耐力

地盤が荷重に対して耐え得る強さのことで、地盤が1m3当たりどれくらいまで支えられるかを数値で示す指標。専門的には「長期許容応力度」という。地盤の上に建つ建物の種類(RC造、木造などの構造)や形状、地下水位、地質などによって変わってきます。建築基準法では、地耐力に応じた基礎構造で建築することが義務付けられている。

基礎の種類 地耐力(KN/m2
20未満 20以上30未満 30以上
杭基礎 × ×
べた基礎 ×
布基礎

※30KN/m2;以上の場合、さらに地耐力に応じた布基礎の底盤の幅が定められている。