ここから本文です。

真壁(大壁)

日本の伝統的な壁のつくり。柱を露出させ、柱と柱の間に化粧仕上げした壁を納める工法。構造材が空気に触れ温湿度が調整しやすいので耐久性に優れる。これに対して柱が外部に現れないように仕上げた壁を大壁という。

真壁(大壁)