住まいの設備と建材 > リフォーム > かしこく、設備選び > わが家で使うエネルギーって?

ここから本文です。

快適に省エネで暮らそう

リフォームでわが家をスマートハウスに !

今、注目されているのが、家じゅうの電気をコントロールできる「スマートハウス」。高気密・高断熱の家に、HEMS(※)で家電や設備機器をつなぎ、効率よく、快適・便利に電気をスマート(かしこく)に使う住まいのことです。新築だけ?と考える方が多いのですが、実はリフォームでも導入が可能。耐震・気密・断熱リフォームなど、家の構造部分をリフォームする場合には、「スマートハウス」という選択肢もあります。リフォームで「スマートハウス」を実現するために知っておきたい情報を3回に分けてご紹介します。

  • ※HEMS(ヘムス:ホーム エネルギー マネジメント システム):IT技術の活用により、人にかわって家電機器などの最適運転や、エネルギー使用状況をリアルタイムで表示するなど、家庭におけるエネルギー管理を支援するシステムのこと(出典:経済産業省「資源エネルギー庁」資料より抜粋)

リフォームで本格的な「スマートハウス」を実現する場合、大規模な工事が必要になってきますが、設備取り替えなどの簡易リフォームで、スマートハウスの機能を一部取り入れることもできます。例えば、「太陽光発電システム+HEMS+エアコン、IH」などの設備機器を組み合わせた省エネを考えたリフォームは、比較的簡単に工事ができます。今、お考えのリフォームで「スマートハウス」にすることが可能かどうかは、建築会社・リフォーム会社などの専門家にご相談ください。

第一回わが家で使うエネルギーって?

「スマートハウス」という言葉をよく聞きます。スマートの意味は、「かしこい」。太陽光発電システムや蓄電システムを使って電気を“つくる、ためる”。家の中では、家電や設備機器をコントロールして、家じゅうのエネルギー(電気)をかしこく使うことができる。これが、「スマートハウス」と言われる住宅です。無理なく省エネができ、快適に過ごすことができます。第1回目は、スマートハウスの基本となる、家庭で使うエネルギーについて考えます。

毎日どれくらい使ってる?

冷暖房や調理、照明、お風呂、テレビやパソコンなど、快適な生活のためにはたくさんのエネルギーを必要とします。電気、ガス、灯油など私たちはさまざまなエネルギーを利用していますが、もっとも多く使っているのが電気。家庭で使用するエネルギーの半分近くになります。私たちが普段使っている電気は、地域の電力会社から購入しています。大量の電気はためておくことができないので、発電量が減ると電力不足になります。そこで省エネを考えた場合、まず、使用量の多い電気を減らすことが重要になります。

■ 多くの人が求めているムリせずムダのない節電生活

※当社調べ「節電に関する意識調査」 2012年4月20日(N=6,410人)

クリーンなエネルギーで電気を「つくる」

家庭で使用する電気を減らす方法は、電気を使う時間を減らしたり、使い方を工夫したり、高効率の省エネ機器を使って、電気使用量を減らすなどの方法が紹介されています。しかし、使用量を減らすのではなく、電気をつくるという方法もあります。
太陽光発電システムは、家庭で使う電気をつくり、使うことができます。もちろん太陽の光で発電するので、問題になっている地球温暖化対策にも貢献します。 また、使い切れず余った電気は、売ることができます。太陽光発電は、電気をつくって、電気使用量を減らすだけでなく、 “おこずかい”まで生み出してくれるのです。

■ 発電効率のよい太陽光パネルなら、
経済性や節電・環境に対する貢献もできる

■ 太陽光発電システムの電気をつくる、使う、売る仕組み

ポイント!

再生可能エネルギーで発電された電気を一定の価格で電力会社が買い取る「固定価格買取制度」。買取価格や期間は、毎年見直されるので、ホームページで事前に確認してください。

電気をためる

太陽光発電システムには、数々のメリットがありますが、それをさらに高めるのが家庭用の蓄電システムです。蓄電システムと太陽光発電システムを組み合わせれば、@太陽光発電でつくった電気を蓄電池にためて、太陽光で発電できない夜間や雨の日などに使うA地域の電力使用がピークになる時間帯に、蓄電システムにためた電気を使えば、太陽光で発電できないときでも節電できるB万一の停電時でも太陽光発電だけでカバーできない部分を蓄電池の電気がまかなってくれる―― など、数々のメリットがあります。

■ 太陽光発電と蓄電池が連携することで、普段も停電時も電気を効率的に使うことができる

かしこい家電製品で電気を上手に“使う”

太陽光発電システムや蓄電システムを採用するなど、省エネにつながるリフォームに対して、国や自治体の補助金も用意されています。活用することで、導入費用の削減だけでなく、より省エネで快適な住まいが可能になります。
また、最近の家電製品は、10年ほど前の製品に比べ、エネルギー効率が格段によくなっています。家電をかえるだけでも節電につながることもあります。
リフォームで「スマートハウス」を考える際には、太陽光発電システムや蓄電システムなどの電気をつくる・ためる設備だけでなく、家電や電気設備の省エネ効率も無視できないポイントです。家じゅうのエネルギー効率を考えることが、わが家をかしこい家にする第一歩なのです。

■ 省エネ効率の高い家電や電気設備を使用することで、
家じゅうのエネルギー使用量を削減

今、お考えのリフォームで「スマートハウス」にすることが可能かどうかは、建築会社・リフォーム会社などの専門家にご相談ください。

第2回では、「つくる」「ためる」に加えて、家庭の電気を「見える化」し、上手にマネジメント(管理)することで電気をかしこく使うHEMS(ヘムス:ホーム エネルギー マネジメント システム)をご紹介します。

豆知識
補助金について

設置する機器が補助金の対象とならない場合もありますので、ご確認ください。また、制度には期限がありますので、事前にお住まいの市区町村や各団体ホームページをご確認ください。