キッチンリフォームの設備選び

MENU

写真:明るいキッチン

キッチンをリフォームしたいけど、何をどう選んでいいのかわからない。掃除が楽なキッチンにしたい、収納を増やしたい、使いやすくしたい…希望はいろいろあるけれど、どのキッチンを選べばいいの?
今は、便利な機能はもちろん、お手入れしやすく、デザイン性の高いキッチンがたくさん登場しています。知っておきたいキッチンリフォームの流れと具体的な機器の選び方についてご紹介します。

1.リフォームの流れを確認

リフォーム全体の流れを知っていると、いつ何をしないといけないのか把握でき、リフォームをスムーズに進めることができます。
まずは、カタログやホームページからキッチンの情報を集めて、デザインやサイズ、どんな機能があるかチェック。現状のキッチンの寸法を測り、キッチンレイアウトやサイズ、プランを検討します。設備は、キッチンによって違いがあるので自分の欲しい機能がついているか確認しましょう。依頼先が決まり、プラン・見積り提案の時期に具体的に設備を決めていきます。

リフォーム前。ステップ01、情報を収集する。情報収集の時期は、欲しい設備の種類や機能をカタログなどでチェック。バスルームの寸法を測る。ステップ02、依頼先の工務店を選ぶ。プランニング・見積もり。ステップ03、工務店に相談して現場を見てもらう。見積り・プラン依頼は、リフォーム会社に現地調査、プランの相談や見積りを依頼する。ステップ04、見積もりしてもらう。ステップ05、プラン決定。設備を確定する時期は、ショウルームで色や機能、使い勝手を確認、設備の詳細を決める。リフォーム工事から完成。ステップ06、発注。ステップ07、工事。ステップ08、完成。

リフォームのスケジュールの詳細はこちら

2.キッチンリフォームの工期と工事工程

キッチン工事では、キッチンが使えない期間があります。キッチンの取り換えだけでなく、給排水管工事や電気工事、クロス貼りなどがあります。工事の内容によって、日数が変わりますので、事前に確認しましょう。

3.キッチンの寸法を測る

キッチンのリフォームをする場合は、今のキッチンのサイズを測っておきましょう。商品をチェックするときやリフォーム会社に見積りの依頼をする時にも便利です。
今は、キッチンの幅やカウンターの高さ、奥行きなども選べるものがあります。カウンターの高さは、背の高さにあわせて選ぶことで使いやすくなることも。また、カウンターの奥行きが今よりも深くなる場合は、通路幅が狭くなることもあるので、注意が必要です。レイアウトが変わると収納に使えるスペースも変わることがあります。

1.キッチンの幅寸法 2.カウンター高さ 3.カウンター奥行き寸法 4.調理スペース 5.天井高さ 6.吊戸棚の高さ

4.リフォーム会社に相談・見積り依頼をする

どんなキッチンにしたいか要望が固まったら、リフォーム会社に相談しましょう。実際に現地で、キッチンの取り付けや設置、キッチン周辺に関わる内装工事、全体の納まりを確認してもらい、見積りを依頼します。

見積りを依頼する前に検討しておきたいこと

  • ・I型、L型、アイランド型など、どんなレイアウトにしたいか
  • ・コンロ、シンク、冷蔵庫の位置関係などの家事動線や、誰がキッチンに立つか、何人で料理をするかなど、キッチンの使い方
  • ・何をどれだけ収納するか、収納スペースの確保
  • ・食器洗い乾燥機が必要か、カウンター、シンク、水栓、加熱機器、レンジフードなどで取り入れたい機能は何か?

5.キッチンリフォームで選べる快適設備

キッチンをリフォームする時、基本プランに好みの設備を追加することができます。お手入れがしやすいシンク、調理がしやすいカウンター、カラーを選べる扉など、好みの設備を選ぶことができます。リフォームの機会に、自分にピッタリの設備を選んで、毎日の料理をスムーズに家事効率もグンとアップさせましょう。

キッチンの基本プラン

キッチンの基本プランには、食器洗い乾燥機は付いていないものがあります。また、カウンターやシンク、レンジフード、水栓などはオプションで好みのものに変更することができます。オプションは費用がかかるものがほとんどです。基本のキッチンの金額と変更アイテムの合計額を出してもらうようにしましょう。

シンクの素材と色柄が選べる

最近のシンクは奥行きが広くなり、大きなフライパンも洗いやすくなっています。継ぎ目や隙間がなく汚れがたまりにくく、お手入れしやすくなっているので、キッチンがキレイに保てます。シンクは人造大理石とステンレスがあり、人造大理石タイプは、インテリアに合わせて色柄が選べます。

写真:キッチンカウンター
  • シンク画像
    人造大理石タイプ
  • シンク画像
    ステンレスタイプ
  • カウンター画像
    グラーノホワイト
  • カウンター画像
    カームグレー
  • カウンター画像
    カームベージュ

色柄や機器のバリエーションはシリーズによって異なります。
また、変更になる場合もございますので、詳しくは商品サイトをご覧ください。

カウンターの色柄が選べる

カウンターもラクにおそうじできる素材になっています。自分に合った高さや奥行きも選べ、色柄もお好みに合わせて選ぶことができます。(カウンターとシンクは同じ色柄の組み合わせのみ)

【人造大理石カウンター】

  • カウンターの色画像
    グラーノホワイト
  • カウンターの色画像
    カームグレー
  • カウンターの色画像
    カームベージュ

シンクやカウンターは、素材や色柄でキッチン全体のイメージも変わるので、ショウルームで実物をみて選びましょう。

色柄や機器のバリエーションはシリーズによって異なります。
また、変更になる場合もございますので、詳しくは商品サイトをご覧ください。

使いやすい水栓金具が選べる

センサーで、水栓に触れずに水が出るものや、水の出しすぎを教えてくれるタイプのもの、シャワーホースが伸びてシンクの端まで届くものなど、使い勝手に合わせてさまざまな種類から選ぶことができます。

写真:シャワーホースで伸びる水栓。
  • 水洗画像
    トリプルセンサー水栓
  • 水洗画像
    グースネック水栓
    (ハンドシャワー付き)
  • 水洗画像
    混合水栓サラサラシャワー
  • 水洗画像
    混合水栓ハンドシャワー
  • 水洗画像
    混合水栓(泡沫吐水)
  • 水洗画像
    浄水器一体型シャワー混合水栓
    (浄水カートリッジ内蔵)

ガスかIH使い勝手のいい加熱機器が選べる

加熱機器は、IHクッキングヒーターか、ガスコンロが選べます。安全性や調理のしやすさ、掃除のしやすさなどを考えて選びましょう。IHもガスも3口横一列にならんでいるものは、鍋がゆったり置けるので料理がしやすく、スペースが広いので、2人並んで料理をすることもできます。

写真:調理スペースが広いキッチンカウンター

キッチンのレイアウトにあわせたレンジフードが選べる

レイアウトによって、壁付けタイプ、天井に設置するセンタータイプ、サイドの壁に設置するサイドタイプが選べます。壁付けタイプでは、上幕板(レンジフードの表面)の色を選べ、キッチンの扉と同柄にすることもできます(上幕板やダクトカバーは別売り)。機能は、省エネのものやお手入れしやすいものなどさまざまなタイプから選べます。

写真:キッチンに合わせたすっきりしたレンジフード
  • レンジフード画像
    壁付けタイプ
  • レンジフード画像
    壁付けタイプ トリプルワイド用
  • レンジフード画像
    センタータイプ
  • レンジフード画像
    サイドタイプ

色柄や機器のバリエーションはシリーズによって異なります。
また、変更になる場合もございますので、詳しくは商品サイトをご覧ください。

扉の色柄と取っ手のデザインが選べる

木目柄、鏡面仕上げ、マット仕上げなどキッチン扉の柄を選べます。意外と大きな面積を占める扉の色は、シンクの色などと合わせて検討しましょう。取っ手も握りやすさはもちろん、見た目にも影響します。どちらもショウルームなどで実際のものをみて確認しましょう。

写真:統一された柄のシステムキッチン

【扉の色柄】

  • 扉バリエーションサンプル画像
    X40 スモークオーク柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    X40 ウォールナット柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    X40 チェリー柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    X40 オーク柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    X40 メープル柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    X40 ホワイトオーク柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 ブラウン
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 スモーキーレッド
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 オレンジ
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 スモーキーグリーン
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 ブルー
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 ピンクベージュ
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 イエロー
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 ベージュ
  • 扉バリエーションサンプル画像
    R30 ホワイト
  • 扉バリエーションサンプル画像
    J30 マットホワイト
  • 扉バリエーションサンプル画像
    V30 ラインダーク柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    V30 ラインミディアム柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    V30 ラインライト柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    V30 ラインホワイト柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    L20 ミ ドルグレー
  • 扉バリエーションサンプル画像
    L20 イエロー
  • 扉バリエーションサンプル画像
    L20 ベージュ
  • 扉バリエーションサンプル画像
    L20 ビューティホワイト
  • 扉バリエーションサンプル画像
    E20 ダーク柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    E20 ミディアム柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    E20 ライト柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    E20 ホワイト柄
  • 扉バリエーションサンプル画像
    I10 ダークグレー
  • 扉バリエーションサンプル画像
    I10 ホワイト

【取っ手のデザイン】

  • 取って写真
    ハンドル取っ手
    材質:アルミダイカスト
  • 取って写真
    ハンドル取っ手
    材質:アルミダイカスト
  • 取って写真
    ハンドル取っ手
    材質:アルミダイカスト
  • 取って写真
    アルミライン取っ手
    材質:アルミニウム

色柄や機器のバリエーションはシリーズによって異なります。
また、変更になる場合もございますので、詳しくは商品サイトをご覧ください。

収納タイプが選べる

奥の方まで見渡しやすく、取り出しやすい引き出し式が主流になっています。フロアユニットは、コンロの下、調理スペースの下、シンクの下など場所ごとに収納するものが違います。扉の大きさが違うものや、細かく分類できる引き出しなど使い勝手のよさを考えて選びましょう。

写真:奥まで見渡せる使いやすいキッチン収納
出し入れラクに、たっぷり収納。トリプルワイド下ユニットは加熱調理で使うフライパンや調味料などを収納できます。引き出しユニットはスプーン、フォークなど小物類や背の高いボトルを収納できます。シンク下ユニットには包丁、まな板、ボウルなどシンクで使うものを収納できます。

色柄や機器のバリエーションはシリーズによって異なります。
また、変更になる場合もございますので、詳しくは商品サイトをご覧ください。

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム店を探したい

実物を見ながら検討したい