住まいの設備と建材 > リフォーム > かしこく、設備選び > 快適な洗面化粧室を創る

ここから本文です。

快適な洗面化粧室を創る

2011年6月22日更新

みんなが毎日使う多目的スペース。誰にとっても快適で便利な洗面化粧室とは
朝晩、家族みんなが使う洗面化粧室。洗顔、歯磨き、お化粧や髪の手入れ…それ以外にも入浴時の脱衣場だったり、洗濯するための家事スペースだったり、洗面化粧室は小さな割にとても利用頻度の高いところです。それだけにリフォームの時には、家族全員の使いやすさを考え、プランニングしたいものです。使いやすさだけでなく、衛生面やメンテナンスのしやすさの配慮も重要です。

1洗面化粧室で何をする?

洗面化粧室といえば、少し前までは浴室やトイレなどと隣接して、家の北側に置かれるのが一般的でした。新築やリフォームでも、リビングやキッチンなどがまず頭にうかび、つい二の次になってしまう――しかし、洗面化粧室は家族が身だしなみを整えたり、洗濯などで利用する使用頻繁の高いスペースです。使いやすさと快適さをアップさせて、気持ち良い空間にしたいものですね。

多機能の鏡で身だしなみを整える

洗面化粧室でお化粧や身だしなみを整える人が増えています。コンタクトレンズの着脱なども、洗面化粧室でする場合が多いでしょう。このように洗面台をドレッサーとして使うときに欲しいのが、機能的な鏡です。平面鏡だけでなく、三面鏡や手元鏡としての多機能な鏡の付いた洗面化粧台が人気です。体重を量る習慣がある場合には、体重計の置き場所なども考えておきたいものです。

鏡を顔の近くに引き寄せることができるお化粧に便利な収納付き化粧台。

引き出し式の体重計収納スペース。

洗濯機の使用も考えて

マンションなどでは、洗濯機設置スペースが洗面化粧室に決められている場合がほとんどですが、洗面化粧室を一からプランニングする場合は、洗濯機の置き場だけでなく、コンセントや給排水の経路もしっかりと確保しておきましょう。汚れ物の下洗いや浸け置き洗いなどをするのに洗面台を利用する場合は、大容量の洗面ボールが便利です。洗濯物や洗濯用小物の収納場所もあると、洗面化粧室全体が雑然としません。
また部屋干し用のスペースもあらかじめ確保しておけば、リビングなどの生活空間を洗濯物でふさぐ心配がありません。天井や壁に物干し竿を収納し、必要な時だけそこから竿を引き出せる商品があります。使わないときは竿を収納できるので、場所をとりません。さらに部屋干し専用の乾燥機を併用すれば、乾燥後の臭いなど、部屋干しの悩みを解決できます。

洗面化粧室をプランニングする時の注意点

洗面化粧室は広さが1坪(3.3m2)前後とスペース的に制限されているので、効率の良いプランニングが使い勝手を大きく左右します。身だしなみに都合のよい多機能な洗面化粧台が欲しいのか、洗濯や掃除のための家事機能を優先したいのかなど、ライフスタイルに合った洗面化粧室をイメージすることが重要です。

2使いやすい洗面台の高さ

洗面化粧台を選択する時に、つい忘れがちなのが洗面ボールまでの高さです。適切な高さのものなら無理な体勢をすることがなく、快適です。できればショウルームなどで実際の動作を再現して、使いやすさを確認した上で選びましょう。洗顔する時の機能的な高さは、身長との関係で決まってきます。

75cmが一般的。80cmも増えています

少し前までは、JIS規格の高さ72cmが主流でした。最近は背の高い人が増えたことや洗面化粧台で洗髪することが多くなったことなどから、75cmや80cmの洗面台が増えてきました。
長身の人は自分で調節ができるので、女性や高齢者に使いやすい高さにすると良いかもしれません。洗面台が高過ぎると、顔を洗う際にひじを伝って水が床にこぼれたりします。家族に小さな子どもがいる場合は、踏み台を設けて調整すると、使いやすくなります。

高いところの出し入れにも便利な「ステップストッカー」

みんなが使いやすい機能

家族に高齢者や車椅子を使っている人がいる場合は、座ったままで使えるバリアフリーの洗面化粧台を選びましょう。車椅子の場合は、シンクの下の部分が空いていて足が入るオープンタイプを選びます。洗面化粧室の広さや廊下との段差にも配慮したいものです。部屋を仕切らずに廊下などと一体化してデザインすることもできます。

足が入るオープンタイプ

3収納にこだわる

洗面化粧室が雑然としていると、来客時に気恥ずかしい思いをします。見た目もスッキリして必要なものがサッと取りせるのが、理想の収納です。上手な収納について考えてみましょう。

どんなものを収納しているか確認を

プランニングする時には、現在の洗面化粧室に置いている物と、収納したいと思っている物をリストアップしてみましょう。化粧品、ヘアケア、歯磨きグッズ、洗剤や石鹸のストック、掃除用品など、こんなに?と驚くほどたくさんあるはずです。物を整理すると同時に、収納内容にふさわしい位置に十分なスペースを確保しましょう。バケツやドライヤーなど、かさばる物の収納場所も必要です。

空間を有効利用する

洗濯機や洗面化粧台本体の上に空間が空いていれば天袋を。サイド部分に隙間があれば、サイドキャビネットを設置して収納量を増やすことができます。洗面台対面の壁に、薄型キャビネットを配置できる場合もあります。洗面化粧台と同じ扉デザインのキャビネットでコーディネイトすれば、統一感のある洗面化粧室になります。サイズやデザインの統一感がある収納キャビネットなら、美しい空間作りが可能です。

さまざまな本体キャビネット写真

進化する洗面ドレッシングの収納力

洗面ドレッシングに収納できるのは歯磨き用品と化粧品だけではありません。ミラー内部の収納スペースにコンセントを配置すれば、充電しておきたい電動歯ブラシやシェーバーなどをしまっておくのに便利。洗面ボール下部を引き出しタイプのものにすれば、タオルや石鹸のストックなど多種類の物を効率よく収納できます。

内部に2口コンセントがあり、収納力もたっぷりの洗面ドレッサー

4メンテナンスのしやすさも大切

よく水を使う場所だけに水アカやカビがつきやすく、メンテナンスに気を使うのも洗面化粧室の特性です。メンテナンスの手間を軽減し衛生面にも配慮した、さまざまな機能性商品が開発されています。

まず考えたい湿度対策

洗面化粧室は浴室やトイレとつながっているので、湿度が上がりやすい環境です。カビの発生には湿度が大きく影響します。窓を設けて通風や採光できるのがベストですが、換気扇などで湿度調節することもできます。換気扇は埋め込みタイプであれば、見た目もすっきり。

風呂上がりでもくもりにくいミラー

お風呂やシャワーの後、洗面化粧室のミラーがくもることがあります。ミラーの表面全体に特別な加工をしてくもりにくくしたミラーなら、見えづらくてイライラすることもありません。

洗面ボールまわりの水対策が必要

水がたまりやすく、水アカやカビが発生しやすいのが、ボールと水洗金具の周辺です。水洗金具の取りつけ位置が傾斜していると水が残りにくくお手入れが楽になります。汚れがさっと拭き取れる、有機ガラス系の新素材を使ったボールなら、水アカが付きにくくお掃除も簡単です。水はねの少ないシャワーヘッドなども開発されています。排水口のゴミ取り機能も、重要なチェックポイントです。

従来のシャワーよりきめ細やかなシャワー。微細な多数の穴で水ハネを抑えます。

先端部が取りはずせ、お掃除も簡単なヘアキャッチャー

水滴が残りにくい角度

ミラーやキャビネットの汚れはひどくなる前に取る

洗面台のミラーに水が飛び散ると、見た目にも汚いうえ、放っておくと石鹸カスなどがこびりついてしまいます。水がついたらさっとふき取る習慣を。湯気などがついてもくもらない加工をしたミラーは、薬品で変色しやすい場合もあるので、気を付けましょう。