住まいの設備と建材 > リフォーム > かしこく、設備選び

ここから本文です。

かしこく、設備選び

後悔しないためのリフォームのコツ

省エネになる、安心・安全に暮らせる、毎日のお掃除が楽しくなるなど、設備を選ぶ時のポイントを紹介。これにしてよかった!と思える設備選びをお手伝いするコンテンツです。

最新情報

バスルームリフォームの設備選び

2014年10月23日

広々とした浴槽に、冬も暖かく快適に過ごせるバスルーム。お手入れもラクになっています。バスルームリフォームで、自分好みの空間を実現するバスルーム設備の選び方を紹介します。

キッチンリフォームの設備選び

2014年8月19日

お手入れしやすく、便利な機能がついたキッチンがたくさん登場しています。キッチンリフォームで、希望を叶えて、快適性をアップさせるキッチン設備の選び方を紹介します。

みんなに“やさしい”住まいは、ずっと住み継げる住まい

2014年1月29日

みんなが使いやすい、未来のみんなにもやさしい設備を選ぶことは、住まいにも、これから先のサイフにもやさしくなります。ずっと住み継げるみんなに“やさしい”住まいについて紹介します。

設備の工夫で、もっと快適になる「二世帯住宅」

2013年10月9日

リフォームで、二世帯住宅が注目されています。気になるプライバシーも、家づくりの工夫次第でクリア。親と子がサポートし合う古くて新しいライフスタイルが、子育てや経済面などで様々なメリットを生み出します。

リフォームでメリットいっぱいの「二世帯住宅」

2013年9月11日

リフォームで、二世帯住宅が注目されています。親と子がサポートし合う古くて新しいライフスタイルが、子育てや経済面などで様々なメリットを生み出します。

リフォームで、お部屋の空気もリフォーム

2013年6月12日

身近すぎて気がつきにくいお部屋の空気ですが、家族の健康や住まいの寿命にも影響を与えます。お部屋の空気をきれいで快適にリフォームしませんか。

リフォームでわが家をスマートハウスに!

2013年2月20日

高気密・高断熱の家に、HEMSで家電や設備機器をつなぎ、電気を効率よく、快適・便利にかしこく使う「スマートハウス」。リフォームで実現するために知っておきたい情報を紹介します。

設備を選ぶ時のポイント満載!

リビングをシアターにして楽しもう

2012年9月

大画面テレビの普及で、リビングに家族みんながくつろげる視聴覚環境を設け、 “ホームシアター”として映像と音を楽しむ人が増えています。良質で無駄のない環境づくりに求められる基本的なポイントをまとめてみました。

ユニバーサルデザインの住宅を考える

2012年9月

高齢化社会や環境問題に関心が集まるようになって、「ユニバーサルデザイン」という言葉をよく聞くようになりました。「バリアフリーとどこが違うの?」という疑問も耳にします。これからの住まいにぜひ考えておきたい住宅にとってのユニバーサルデザインを考えてみました。

建物内部も災害に備えた設備で安全な住まいづくり

2012年8月

万一の災害に備え、住まいの耐震や免震構造に加え、内部空間の安全性も確保しましょう。建物部分と同様に、防災仕様の建材や耐震仕様の設備を導入することで被害を最小限に抑えられ、災害直後の暮らしも守られます。大切な家族と住まい、財産を災害から守る住まいづくりをご紹介します。

子どもを健やかに育む空間づくり

2012年08月

子どもの誕生や成長を機に住まいづくりを考える人も少なくありません。間取りの多い家でない限り、住まいも子どもの成長に合わせた変化が求められます。子どもにとって住みやすく、大人にとって子育てしやすい住まいづくりのポイントをご紹介します。

心を満たす癒しの空間づくり

2012年08月

住まいは、家族が安全に暮らし、健康で快適な暮らしを送れる場であると同時に、1日の疲れを取り、パワーを充電する場でもあります。そこで、住まいづくりの中でも欠かせない、癒される空間をつくるためのヒントをご紹介します。

家族もペットも共に喜べる住まい

2012年08月

家族の一員として室内で一緒に暮らすペット。かわいらしさの反面、不協和音も少なからず起きています。問題行動はペットからのSOSとも言えます。動物のベーシックな行動やしつけの視点を踏まえて、人とペットが快適に暮らせる住まいのコツをご紹介します。

家事がもっとラクになる快適な住まい

2012年07月

高機能設備を取り入れて、家事がラクになる住まいづくり。「家事のしやすさ」を助け、「お掃除機能付き」や、「お手入れのしやすい(汚れにくい)」設備などが登場。“家事軽減”を実現する機能の数々をご紹介します。

環境に配慮した自立循環型住宅

2012年07月

快適でありながら、地球環境にもいい住まいで暮らしたいと、願う一方で、住まいとして機能している時も常にエネルギーを消費し続ける住宅。その住宅からのCO2排出を減らす自立循環型住宅という、快適性は損なわずに人にも環境にもやさしい住まいづくりを紹介します。

快適な洗面化粧室を創る

2011年07月

家族みんなが毎日頻繁に、さまざまな目的で使う洗面化粧室。機能・お手入れ・収納などにもとことんこだわって、快適なスペースにしましょう。

トイレを「快適空間」に

2011年06月

毎日誰もが使うトイレ。それだけにみんなが快適に安心して使いたいもの。省エネ性にもこだわった、トイレの空間づくりを考えてみました。

ライフスタイルを考えた、照明器具の選び方

2011年05月

照明は住まいの雰囲気だけでなく、安全性などにも大きく影響します。それだけに慎重に選びたいもの。ライフスタイルに合わせた照明プランのコツをご紹介します。

快適・癒し空間のバスルーム

2011年03月

バスルームは、身体を洗うだけでなく、一日の疲れを癒すくつろぎの場所でもあります。最新のバスルームには、さまざまな快適機能が搭載。家族構成やライフスタイルにあわせた、みんながくつろげるバスルームを実現しましょう。

キッチンは人が集まる新しいコミュニケーション空間へ

2011年02月

キッチンは「調理」をするためだけの場ではなく、家族や友人とコミュニケーションが行なわれる住まいの中心へと変わりつつあります。キッチンのレイアウトパターンや周辺機器なども選択肢が増えているので、ライフスタイルに合わせた理想的なキッチンを実現してください。

床暖房で快適な頭寒足熱を実現

2011年02月

床暖房は、"床からのやわらかい放射熱"で室内を暖める快適な暖房器具です。"火を使わない" "空気を汚さない"など、子どもやお年寄りにも優しい特長が人気です。安全・快適の床暖房で心地いい暖かさを実現してみませんか?

夏冬あわせてエアコンで快適に暮らす

2010年12月

夏に関心が集まりがちなエアコンですが、実は冬の暖房器具としての活躍も見逃せません。住宅の高気密・高断熱化でエアコン暖房で暖かく過ごせます。住まいにあったエアコンを選ぶと、1年を通じて快適な空気環境を実現します。

エコなLED照明で家をまるごとコーディネイトしよう!

2009年11月

多彩な光の色、省エネや長寿命などの特長から、新しいあかりとして注目を集めている「LED照明」。そのコンパクトさから、これまでにないインテリア性の高い照明器具も誕生しています。一歩先を行く、LED照明の魅力とコーディネイト例をご紹介します。

設備選びのポイントを知って賢く選択しよう!

2008年09月

住まいづくりで、間取りや構造と違って後回しにされがちな設備選び。それでいて建ててからの住み心地に直結する設備。それだからこそ、賢いユーザーの眼が必要です。何をどう選んだらいいのか。設備選びのポイントをご紹介します。

家にいるのが楽しくなるリフレッシュ空間のある住まい

2008年02月

健康を保つには食生活面だけではなく、自宅での過ごし方も大切なポイントです。そこで見逃せないのが「水まわり」の役割。ストレスフリーで“家時間”が楽しくなり、「健康」や「美容」、心身の「リフレッシュ」などに欠かせないバスルーム・洗面室の設備と空間づくりをご紹介します。

家族の健康を守り、住まいの"老化"を防ぐ換気設備

2007年12月

空気環境は、住まいづくりの大切なポイントです。適切な温度・湿度で、時に応じて新しい空気に入れ替える仕組みが住まいには必要です。いい空気の中で暮らすことが、快適、健康の基本になるだけでなく、結露やカビの発生を防ぎ、建物の健康の維持にもなります。そこで、空気環境と換気をご紹介します。

あかりを上手に取り入れる演出照明で快適な住空間に

2007年12月

照明(あかり)プランは設計段階から考えたいもの。計画的な配線設備や、早期にあかりプランを立てることで、自由度の高い演出照明も可能です。また、あかりを上手に取り入れることで今までと違う空間を演出することも可能です。効果的な演出照明の例をご紹介します。

"子ども目線"で考える、子どもが賢く育つ住まいづくり

2007年05月

大人と子どもでは、身長や体力、危険を認識して正しい選択ができる認知・判断力などが異なります。大人と違う子どもの暮らしを、より安全で快適なものにするのが、“子ども目線”です。子ども自身が住まいの中で危険を学んでいける、子ども目線を考慮した住まいづくりの工夫をご紹介します。

断熱・換気・結露対策で健康的で快適な住まい

2007年03月

住まいの高断熱・高気密化は、寒さやすきま風のない快適な住環境を提供する反面、結露による建物の傷み、換気不足による人へのシックハウス症候群などの弱点も生み出しています。健康的に過ごせ、住まいも長持ちさせるには、断熱、換気、結露対策を総合的に考えることが大切です。

住宅用火災警報器の選び方

2006年07月

今年6月から新築住宅に「住宅用火災警報器」の設置が義務付けられました。建物火災死者の9割が住宅という現実を受けて、大切な命を守る対策として消防法が改正、施行されたものです。住宅用火災警報器の機種や設置のポイントについて紹介します。

適材適所の床材をどう選ぶ

2005年01月

フローリングは、新築、リフォームを問わずに人気があります。お洒落だから、掃除がラクだからなど、インテリア性と機能性への期待がとても大きいようです。床の仕上げで人気のあるのが、ナチュラルな風合いの「木の床」です。木の床材選びにポイントを絞ってご紹介します。

賢い空調設備の選び方

2004年11月

高気密高断熱の住宅やマンションなどでは、室内の空気が入れ替わる回数が少なくなりがちです。冷暖房の効率をよく、空気もキレイに保ちたい。快適な室内環境を維持するため、住まいの特徴と、温度・湿度・空気の流れなどを考慮した空調設備を選ぶポイントを考えます。