リフォームQ&A:太陽光発電

一覧

TOP

自然災害の対策は?

◎耐震性

太陽電池モジュールおよび架台の重さは和瓦に比べ約1/3と軽く、屋根への荷重は通常の建築物では問題ありません。
ねじれや振動などに関する試験や強度計算により、十分な検討の上設計されています。

◎風・台風

屋根への太陽電池モジュールの取付け強度は、建築基準法に基づき設計されていますのでご安心ください。

◎雪害

積雪量に応じた耐荷重設計になっており、積雪によって発電量は減りますが壊れることはありません。

◎雹(ひょう)

モジュールのガラス面はJIS規格(1mの高さから227g直径38mmの硬球を落下させて、これに耐えること)に適合した約3mm厚以上の強化ガラスを使用しており、雹で割れることはまずありません。耐衝撃性能は、通常の屋根材と同等と考えてください。

万が一の自然災害(台風、落雷等)にも安心の補償制度もご用意しています。詳しくは販売店へお問い合わせください。

ページの先頭へ