住まいの設備と建材 > リフォーム > マンションのリフォーム > マンションリフォームの流れ

ここから本文です。

マンションリフォームの流れ

マンションのリフォームの流れは、全体のスケジュールで、どの時期に、
誰が何をしないといけないのかがわかると、事前に準備をすることができます。
焦ってやり残しがないように早めに全体スケジュールの把握をしておくことが大切です。

マンションリフォームの手順

01情報収集

住宅雑誌やインテリア雑誌などで、リフォームイメージを膨らませましょう。

02管理規約の確認

リフォームしたい内容が管理規約の範囲内か、あらかじめ確認しましょう。
(管理組合にリフォーム申請書を提出し、承認を得る必要があります。)

03リフォーム店にご相談

お近くの「リファインショップ」や「わが家、見なおし隊。」加盟店へご相談ください。

04現地調査

リフォーム店の担当者がお伺いして、お住まいの状況を確認します。

05プラン提案・見積り確認

ご希望を基にプランを固めます。合わせて詳しい見積りをもらいましょう。

06ショウルーム見学

気になる商品を見て、触って、体験。納得して商品を選びましょう。

07プラン決定・ご契約

図面と見積りをもらって要望どおりかチェック後、契約書を交わしましょう

08工事前準備・施工

工事期間中の生活計画を立てましょう。工事中は定期的に現場の確認

09完成・お引渡し

営業担当者立ち会いのもと、プラン通りか確認。不具合があれば直してもらいましょう。

アフターフォロー

引き渡し後、もし設備が故障したり不具合があれば、すぐに担当者に連絡 。

マンションリフォームこれだけは知っておこう

チェック1

リフォームできるのは専有部分だけ!

マンションは共有の建物のため、リフォームできる範囲は専有部分のみ。増築したり、玄関や窓の位置を変えるなど、マンションの構造自体に穴をあけたりすることはできません。

※専有部分について詳しくはマンションリフォームポイントをご覧くだい。

チェック2

特別な規則は?管理規約を確認しよう。

マンションによっては、独自の規約がある場合があります。フローリングや配管、契約電気容量の変更など、リフォームしたくてもできないことも。管理規約の範囲内か、あらかじめ確認することが重要です。

チェック3

マンションリフォームに慣れた施工会社を選ぼう!

マンションリフォームは制約が多いため、実績のある施工会社を選ぶと安心です。施工事例を見せてもらって判断するのがおススメです。