築90年の京町屋を心地よく照らす、最新のLED。

家族や友人が集まったときにくつろげるように作った広いリビングを念願の「一室複数灯」に。
読書や料理などに必要な明るさは確保しながら、心地よさも広がる住まいになりました。

After

After

明るさに合わせて光の色が変わる「シンクロ調色」を設置。
くらしのシーンごとにぴったりのあかりの演出が行えます。

Before_After
  • Before

    Before

    ひとつの部屋に、ひとつのあかりだった
    リフォーム前。

  • Drawing
    • 施工期間: 約150日
      建物: 戸建て
      築年数: 約90年
    • 工事面積: 83.9m2
      家族構成: 2人(夫婦)
  • Voice

    あえて影をつくることも狙いでした。
    光をより感じられることができ、
    思い描いていた空間になりました。

    ※コメントは個人の感想に
     よるものです。

くらしのシーンに合わせて、あかりを切り替えられます。

  • くつろぎのあかり

    空間全体の明るさは抑え、ロッキングチェア周辺を照らします。

  • シアターのあかり

    テレビ背面の壁を照らして、眼が疲れにくいあかり環境をつくります。

  • 食事のあかり

    電球色でテーブルを明るく。
    ご馳走がいっそう美味しそうに見えます。

  • 読書のあかり

    手元を昼白色で照らします。
    明るさもしっかりあり、文字が見やすく。

  • バーのあかり

    明るさを抑えた電球色でテーブルを照らし、
    しっとりとした雰囲気を広げます。