50万円くらいでどんなリフォームができるの?

一覧

TOP

50万円くらいでのリフォームでは、ビルトイン食器洗い乾燥機やコンロ、レンジフードの入れ替え、トイレや洗面ドレッシングのリフォームなどのご要望が良くあります。リフォームの理由として、「故障したので取り替えたい」という必然的な理由のほか、最新の商品を取り入れて、使い勝手やお手入れ性を向上させ、便利に快適に暮らしたいなどの理由もあるようです。
また「カップボードを新設したい」「宅配ボックスを取り付けたい」などのご要望もあります。

※建築条件によってはできないプランもあります。

POINT 50万円くらいでのリフォームのポイント

リフォームで肝心なのは、建築条件を確認すること。
水道などの配管、電気の配線など、建築側の条件によってはリフォームできる範囲が変わってきます。
それによって大きくリフォーム費用も変わるので、まず、プロに現場を見てもらいどういうリフォームができるかを確認してから、一緒にリフォームを進められるといいですね。
50万円以下だと、部分的な設備の取り替えを行うリフォームがメインとなりますが、トイレなどのリフォームの場合予算をちょっとプラスして一緒にトイレ空間全体をおしゃれにするリフォームも増えています。

トイレのリフォーム

タンク付きのトイレを、タンクレスで節水タイプの最新式トイレにリフォーム。
故障や汚れなどをきっかけに、トイレ本体を入れ替えるケースや、床・壁紙から、照明・ドアなどトイレ空間を一緒に見直すケースも。
トイレ本体の入れ替えは20万円くらいから、トイレ空間全体までリフォームすると70万円くらいまでと、幅広い金額でリフォームされています。

トイレリフォームのポイント

※建築条件によっては、大きくリフォーム費用が変わる場合があります。

ページの先頭へ

食器洗い乾燥機のリフォーム

ご使用中の食器洗い乾燥機を交換、出し入れしやすい引き出し式にリフォーム。
入れ替えだけなら、20万円~30万円くらいでリフォームを検討できるケースが多いようです。新規に設置したり、給排水・電気工事などが伴うとそれだけリフォーム費用が多くかかります。(入れ替えの際は食器洗い乾燥機の扉のカラーがキッチンと揃わないケースもあります)

食器洗い乾燥機リフォームのポイント

※建築条件によっては、大きくリフォーム費用が変わる場合があります。

ページの先頭へ

IHクッキングヒーターの設置

ガスコンロ、または、旧式の電気コンロからビルトインIHクッキングヒーターに入れ替えするリフォーム。
ガスコンロやIHクッキングヒータの商品価格は17万円くらいから45万円くらいまで幅広くラインナップ。IHクッキングヒーターは電圧が200Vのため、配線やコンセントの設置がない場合は電気工事が必要となります。電気工事の範囲によってリフォーム金額も大きく変わってきます。
また、入れ替えには旧式のコンロのサイズ(幅・奥行・高さ)が合うかどうかの確認も必要です。

※取り付けが出来るかは、電気工事など現場調査が必要です。早めにリフォーム会社と現場の確認をしましょう。

IHクッキングヒーター設置のポイント

※建築条件によっては、大きくリフォーム費用が変わる場合があります。

ページの先頭へ

カップボードの設置

置き家具の食器棚から、壁付けのカップボードや家電の収納棚を新たに設置するリフォームのご要望も増えています。地震などで倒れる心配もなく、扉も耐震ロックで万が一の時も中のものが飛び出る心配がありません。
カップボードは幅・奥行・機能・扉材などの組み合わせ次第で価格が変わります。また、電気工事や設置する壁の状況でリフォーム費用が変わるので、商品の組み合わせ内容と現場調査の両面から費用の検討が必要になります。

※壁に設置できるかどうか、コンセントの移設が可能か現場によって異なります。

カップボード設置のポイント

※建築条件によっては、大きくリフォーム費用が変わる場合があります。

ページの先頭へ

宅配ボックスの設置

インターネットショッピングなどの増加によって、宅配便も増えてきていますが、受け取りできずに困ったことはありませんか?そんな問題を解消するのが、留守でも荷物が受け取れる宅配ボックス。
宅配ボックスの設置は8万円から30万円くらいまでで設置を検討できるようです。(設置方法・商品によって、大きくリフォーム費用が変わる場合があります。)

※設置できるかどうかは、現場によって異なります。

宅配ボックス設置のポイント

※建築条件によっては、大きくリフォーム費用が変わる場合があります。

ページの先頭へ

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム会社を選びたい

実物を見ながら検討したい

最近のトピック