住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

「バリアフリー」住宅リフォームのヒント集

思わぬところで転んでのケガや、脱衣室とバスルームの温度差によるヒートショックなど、今の住まいで年齢を重ねてからも安心して住めるのか、と心配の方も多いかもしれません。高齢者は、すり足気味になりがちのため、少しの段差でひっかかることがあります。バリアフリーリフォームは、段差の解消や手すりの設置が基本です。また、断熱性能を高めたり、暖房換気乾燥機のあるバスルームにするなど、室温の温度差ができないようにすることも大切です。さらに、子どもの誤飲や指はさみ、やけどなど思わぬところでの家庭内事故を防ぐための点検も重要。家族みんなが安心して暮らすために、バリア(障がい)を取り除きましょう。バリアフリーリフォームのヒントをご紹介します。

バリアフリー 孫の誕生を祝って、家を明るくあたたかくリフォーム!

2015/10/30

お孫さんの誕生をきっかけに、リフォームを考える方も多いようです。明るいリビングでのんびり、あたたかく清潔なバスルームで孫と一緒にバスタイムを楽しみ、トイレは人を感知して点灯する照明など、快適な家は孫も喜び日常の不満も解消できる家です。

バリアフリー ずっと健康に過ごしたい!段差の解消だけでは足りない、バリアフリー対策

2015/07/21

バリアフリーとは?手すりの設置やトイレ・お風呂などの段差解消以外にもやることがたくさん!リフォーム減税や補助金を活用して、ずっと安心して暮らせる住まいの工夫をご紹介。不便を感じて慌てる前に、資金計画を立てて早めにリフォームするのがオススメ。

バリアフリー 20%もある家庭内の転倒事故!つまずかない・転ばない、住まいの工夫

2015/07/21

家庭内の転倒事故の割合をご存知ですか?実は20%もあります。転倒予防の運動することも大切ですが、高齢者はすり足気味になりがちのため、バスマットやじゅうたんにひっかかることも。骨折などしないように、住まいを見直して老後の暮らしに備えましょう。

バリアフリー 誤飲・感電・指はさみ…など「危ない!」から子どもを守るリフォーム術

2015/07/21

誤飲、指はさみ、やけど、感電など子どもの家庭内事故の要素はたくさん!赤ちゃんが歩き始めるまであっという間です。親の目の届かないところでケガをすることもあります。事前に部屋の危険を子ども目線で点検しましょう。改善するにはリフォーム時が最適。

14件中 11 - 14 件を表示