住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

「二世帯住宅」住宅リフォームのヒント集

二世帯住宅は、安心感はもちろん、大家族で暮らせることや、贈与税の優遇や光熱費が分担できるなど、経済的なメリットもあります。しかし、生活リズムや生活習慣の違いがストレスに感じることも…。間取りや設備で、お互いが干渉しすぎない程よい関係を保てる工夫や、今後を見据えて、売る、貸す、再リフォームを考えたメンテナンス性も重要なポイント。二世帯住宅のリフォームで、家族みんなが安心して楽しく住めるヒントをご紹介します。

二世帯住宅 三世代同居リフォームで税金が戻ってくる!おトクに活用してかしこく同居

2016/03/14

三世代同居リフォームで減税対象になるには?キッチン、浴室、トイレ、玄関のうち1つ以上を増設し、リフォーム後にこれらのうちのいずれか2つ以上が複数となる工事や、5年以上のローンを利用する場合などです。贈与税の注意点や、相続税対策もご紹介。

二世帯住宅 親・子世帯+単身者の2.5世帯にリフォーム![快適同居・水まわり編]

2016/01/15

2.5世帯同居で気をつけたいことは?単身者の入浴音が両親の寝室に届かない工夫や、入浴時間が違っても、いつでも暖かい保温性が高いバスルーム、トイレとパウダールームは単身者専用のものを用意するなど、水まわりの設備の工夫がポイントです。

二世帯住宅 親・子・孫は、”ちょうどいい”あかりが違う?!二世帯住宅のあかりプラン

2016/01/15

二世帯で快適に暮らすには実は照明計画が大切です。就学期の子どもには勉強に適した明るさ、年齢を重ねるとまぶしさを感じやすいのでやわらかい照明など、ちょうどいいあかりが違います。みんなが集まる場所はモノを美しく見せる 「美ルック」がオススメ。

二世帯住宅 人気急上昇の2.5世帯リフォーム!親・子世帯+単身者同居はメリットがいっぱい![快適同居・間取り編]

2016/01/15

2.5世帯同居の一番のメリットは、リフォーム費や生活費、光熱費などの費用が分担できることです。快適に暮らすためには、プランニングも重要です。親世帯の近くに単身者の居住スペースを確保したり、各世帯にウォークインクローゼットを設けましょう。

二世帯住宅 干渉されたくない!口出しされない二世帯住宅のポイントはコレ!

2015/07/28

二世帯住宅でお互い気楽に楽しく過ごすコツは?二世帯住宅は見守ることが一歩間違えると干渉になります。親世帯は見えるとついつい口を出してしまうため、大切なのは見せない工夫。リビングや客間など、お互いが自然に気使える二世帯住宅をご紹介します。

二世帯住宅 家が空いたのに借り手が見つからない…転用に差がつく、二世帯住宅のメンテナンス

2015/07/28

二世帯住宅の資産価値を落とさないためには?雨漏り対策や換気住計画、耐久性の高い設備を選ぶことが大切。人と同じように家も年を取り姿が変わると考えて、売却や賃貸、再リフォームなどの時にも慌てないために、資産を守るメンテナンスを心がけましょう。

二世帯住宅 もっと居心地よい実家に!家族3人暮らし、我慢しない暮らしにリフォーム

2015/07/28

実家をリフォームして快適にしたい!30年近く暮らす大好きなわが家もキッチンや収納スペース、電気代と、気になることが多くありました。LDKを2階にするなど間取りの変更や設備の工夫で、生活時間が違う親子が気兼ねなく暮らせる住まいになりました。

二世帯住宅 お姑さんと仲良く暮らせるかしら…?二世帯暮らし、円満のコツ!

2015/07/28

お姑さんと仲良く暮らせるかしら?プランニングの前に同居のルールを決め、習慣に配慮した間取りや設備の工夫が大切です。特に音は子どもの足音だけでなく、排水音や洗濯機の音も気をつけましょう。お姑さんと仲良く暮らすコツはムリをしない環境づくりです。

二世帯住宅 安心、助け合い、電気代…親世帯が二世帯住宅リフォームしてよかった5つの理由

2015/07/21

二世帯住宅のメリットとは?相続税や贈与税などの税金、光熱費など費用についてのメリットはもちろん、普段の暮らしもいざというときの安心感もあります。親世帯は子世帯に住宅ローンを組んでもらえます。普段の暮らしは楽しく、いざというときも安心です。

二世帯住宅 親との同居でもめない!二世帯住宅リフォームのお金、5つの気遣い

2015/07/06

二世帯住宅で気になる費用は?建設費はもちろん、贈与税などの税金や、電気料金などの生活費も大切なポイント。二世帯住宅にリフォームする際にしっておきたい、優遇制度の活用術や節約につながる省エネ設備など、ストレスなく暮らすプランをご紹介します。

10件中 1 - 10 件を表示