住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2017/9/28

秋に、住まいのチェック&大掃除で冬への準備を

写真:掃除アイテムn

大掃除や外まわりのチェックをするなら、秋が最適。夏の暑さも、冬の寒さも、春先のような花粉の心配もないからです。汚れがたまりやすいレンジフードや水アカが心配な洗面台、外灯など、今のうちに大掃除&チェック。寒くなったら家の中でゆっくりしたいですね。

台風シーズンが終わったら、さっそく住まいのチェックを

写真:外灯がついた夜の住宅の外観

暑い夏が終わり、心地よい季節がやってきました。今の間に住まいの健康診断をして、気になるところは早めにケアしたいですね。リフォームをする場合は、お手入れのしやすい設備を選んでおくと、掃除の手間も違ってきます。また、日暮れが早くなると、学校や塾から帰ってくる子どもたちにとって外灯は大切な存在。秋の間にチェックして、取り換えておくと安心です。

掃除のしやすさは、収納の有無で変わる

写真:壁面収納のあるリビング
写真:小上がりの畳スペース

掃除の時間を長くし、掃除機をかけるのを面倒に感じさせているのは、実はテーブルや床の上に散らかっているモノたち。例えばリビングは壁面収納にして家族が使うものを出し入れしやすくスッキリ納め、普段使わない季節家電やふとんは下が収納になっている畳コーナーにしまって、くつろぎスペースも確保。適材適所の収納にするだけで掃除のしやすさがグンとアップします。

キッチンはお手入れしやすい設備で手間を減らす

写真:キッチンとレンジフード

毎日使うキッチンは、水ハネや飛び散った油などで汚れがち。中でも気になるのがレンジフードですが、パナソニックの「ほっとくリーンフード」なら10年間ファンのお掃除不要で、油がたまるプレートは年に1回食器洗い乾燥機で洗うだけの手軽さ。さらに汚れが付きにくいカウンターやすき間のないシンクにすれば、サッとふくだけ。リフォームの際は、お手入れがラクなものを選んで、掃除の手間を減らしましょう。

水アカ汚れをはじく洗面ボウルでピンクカビとさよなら

写真:上付き水栓の洗面台

洗面台は、家族みんなが使うから、水アカ汚れがつきやすくみんなの目にも留まりやすい場所。水栓を上つきタイプにすれば、ピンクカビになりやすい水滴が水栓まわりに溜まりません。さらに水アカをはじく素材の洗面ボウルなら、拭くだけでキレイに。

小物が多い洗面所は、鏡の裏を全面収納にすれば、シンクまわりの小物や美容家電もすっきり収まり、お手入れがラクになります。

エクステリアの照明は虫が集まりにくいLEDに

写真:外灯が点いた玄関

日暮れが早くなると気になるのが外灯。防犯面からも早めに点灯したいものですね。切り替えのタイミングでLED電球にすると、長寿命なので取り替えの手間が省けます。さらにLEDは、虫が引き寄せられる紫外線をほとんど含まないので、白熱灯や蛍光灯に比べ虫が器具の中に入ることも少なくなり大助かり!
また、暗くなると点灯し、明るくなると消える「明るさセンサ」つきの照明や、人を検知する照明にすると、便利だけでなく、省エネにもなります。

人気記事ランキング

関連キーワード