住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2016/6/29

冬だけじゃない!断熱リフォームすれば夏も快適

猛暑日は冷房しても、なかなか効かなくてイライラ…。だからと言って、冬は、朝起きると底冷えがする、すき間風も入って家の中にいても寒い!毎年、夏と冬にそんな体験を繰り返していませんか?それってすべて「住まいの断熱性能」が低いせいなのです。そこでリフォームの機会に断熱性をアップする方法を紹介しましょう。

夏暑くて、冬寒いのはあたりまえ?

夏はエアコンをつけても快適な温度にならなくて不快…。一方、冬の朝は、寒くてなかなかふとんから抜け出せない、キッチンに立つのがおっくう。暖房しても温度にムラがあって足元がなかなか暖まらない。こうした暑さ、寒さをガマンしているのは健康にもよくありません。実は、これらは断熱が行き届いていない家によく見られる特有の現象なのです。

断熱とは家を魔法瓶のようにくるむこと

外の暑さや寒さを家の中に伝えず、逆に家の中の涼しさや暖かさを外に逃がさない。それが断熱ということ。まるで魔法瓶のような仕組みなのです。そのために外気に接する床や壁、天井に断熱材という熱を伝えにくい材料を入れます。現代の新しい家ではごくあたりまえに行われていますが、古い家では断熱がされていないことも多く、断熱されていても不十分なことが多いのです。それが、家の中の暑さ、寒さとなってあらわれます。

手軽に断熱できないの?

断熱をするためには、一般的には床や壁をはがして、その中に断熱材をびっしり詰めて、もう一度フタをしてクロスなどで仕上げを行います。かなりの大がかりな工事となってしまいます。工事中はそこには住めないので、1~2か月も仮住まいをしなくてはなりません。こうして工事費用が多額になってしまうことも多いのです。ところがそんな大がかりな工事をしなくても断熱できるパネルが登場しました。

カンタン施工で部屋単位でも断熱できる

パナソニックの「内貼断熱パネルシステム」は、壁・天井はクロスをはがして、そこに厚さ13㎜の薄い断熱パネルを貼り、再度クロスをはって仕上げるだけ。床は断熱材を内蔵したフローリングを既存の床に貼るだけ、というカンタン施工で断熱ができます。採用されている断熱材は薄くても高い効果を発揮する「真空断熱材」です。部屋単位で部分施工もでき、13畳のリビングなら約3日で工事が完了。住みながら工事ができます。

夏冬快適で、冷暖房の効き目がアップし経済的

断熱のメリットは、夏は涼しく、冬は暖かくすごせることですが、内貼断熱システムに加えて、内窓を設置して窓からも熱が逃げないようにするとより効果的です。冷暖房の効き目がぐんと向上するので、家の中にいると、夏の暑さ、冬の寒さに悩まされることがなくなります。冷暖房費が削減されるので、家計も助かります。

断熱リフォームで補助金や減税も

おトクな補助金制度も使えます。一定の要件を満たして住まい全体を省エネ化すると、高性能な建材に対して補助金が出ます(住宅省エネリノベーション促進事業費補助金)。パナソニックの「内貼断熱パネルシステム」もその対象になっています。また、一定の要件を満たす省エネリフォームを行うと減税メリットもあります。いずれも期限がありますので、事前にホームページなどでよく確認しましょう。

人気記事ランキング

関連キーワード