住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2016/2/29

リフォーム経験者の便利、快適、意外なオススメ設備5選

共働きの家庭が増え、子育てパパやママをサポートしてくれる設備も、どんどん進化しています。上手に選んで使えば、忙しい毎日の心強い味方になってくれる、子育てファミリーに人気の設備をご紹介します。

リフォームで設置してよかった意外な設備

リフォームのきっかけは人さまざま。リフォームしたい場所でいつもトップにあがるのは、浴室・トイレ・キッチンの水まわり3カ所ですが、「入れてよかった」と便利を実感している場所は、ほかにもあります。リフォームを考える中で新しく出会った設備も、リフォームの満足に大きく貢献しているようです。

1.仕事で帰りが遅くなっても安心「宅配ボックス」

最近、人気が高まっているのが宅配ボックスです。仕事などで昼間なかなか家にいられなかったり、急な用事で受け取りの時間に不在にするのが、共働き家族の悩みです。「宅配ボックス コンボ」を設置すれば、押印までOK。スリムなタイプでもビールのレギュラー缶1ケース(24本)まで入ります。電気工事不要で簡単に設置できるのも人気の理由です。

2.設置した90%の方が満足している「室内物干しユニット」

通勤前に干して出かけても、急に雨になったり、思いもよらず帰りが遅くなったりすることも。91%(※)の主婦が部屋干しをしていますが、物干し台は使わないときに邪魔、干しているときに子どもが走り回って倒してしまうなどのお悩みも。必要なときだけ竿を降ろして干せる「天井付け」や「壁付け」の室内干しが便利です。90%以上の利用者が満足されています(※)。

  • ※2013年当社調べ

3.暗がりの不安を軽減する「センサ付スイッチ」

暗い家に帰ってきたり、暗いトイレに入ったりするのは誰でもちょっと怖いもの。人を検知する「センサ付スイッチ」なら、玄関ドアやトイレのドアを開けたらパッと点灯するから、暗がり知らず。
玄関に設置すれば、帰宅時に荷物がいっぱいで手が離せないときも、子どもの手が届きにくいスイッチの位置でも、開けたら明るく迎えてくれます。トイレにあれば、子どもも夜のトイレを怖がりません。

4.忙しい人の味方!掃除の手間を軽減する「お掃除機能付き設備」

お掃除しなければいけないのに忙しくて手が回らないと、それがイライラやストレスの原因になったりすることも。特に気になるのが、毎日使うトイレと換気扇。だからこそ、全自動の出番です。トイレは、流すだけで、毎回洗剤の泡と水流でしっかり汚れを落としてくれるお掃除機能つき。レンジフードは、10年間ファンのお掃除不要。普段はサッと拭くだけでいつもキレイをキープできます。

5.柔らかな気流で部屋の温度が均一になる「シーリングファン」

間仕切りのないLDKや高い天井は部屋が広く感じられていいものですが、意外に多いのが冷暖房の効きが悪く感じられるという不満。シーリングファンをつけると、体感温度が違います。冬は天井近くにたまる暖気を拡散して足元まで温かく、夏はゆったりとした気流が涼感を呼び、同じ28度でも無風の部屋に比べ3.3度も低くなるのです。さらに、エアコンのみの部屋に比べ消費電力が2割も削減できます(※)。

  • ※8畳相当 1日18時間使用の場合。エアコン(消費電力冷房495W)、シーリングファン(消費電力20W)実際には、地域・気象条件・ご使用条件などにより異なります。

人気記事ランキング

関連キーワード