住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/11/30

○○のない家が増えている?!家事ラクの極意はリフォームの床材選び

キッチンマットなど、マットを使っていない家が増えているようです。その合理的な理由とは?今までの習慣で玄関、キッチン、リビング、トイレなどでマットを使っている家庭の方、必読です!その背景にある、フローリング機能の進化も見逃せません。

マットがないと、部屋がすっきり見えて掃除がしやすい!

衣・食・住など、暮らしの工夫を85年研究している「全国友の会」。その中の「多摩友の会 住グループ」の方の住まいでは、キッチン、トイレ、玄関にマットを使っていない方が多くいます。その理由は、(1)マットがないと空間がすっきり見える、(2)マットを洗濯する手間が省ける、(3)掃除機を使わなくてもフロアワイパーで簡単に掃除ができる、など。いいことばかりのようですが、マットにはフローリングをキズや汚れから守る効果もあります。マットを使わなくてもいいように、リフォーム時にフローリングの耐久性やお手入れのしやすさをしっかりチェックしましょう!

  • ※全国友の会は、婦人之友社発行の「婦人之友」読者のグループです。
    約2万人の会員が「家庭は質素に、社会は豊富に」をモットーに、衣・食・住・家庭経済・子育てなどの暮らしの工夫を、共に知恵を出し合いながら、学び実践しています。

キッチンの油汚れに強いフローリングで、お手入れがグッとラクに

キッチンの床は、水しぶき・油ハネや調味料のシミなど、特に汚れやすい場所。さらに、食器や調理器具を落とすこともあり、キッチンマットはフローリングの汚れやキズ防止に効果的。その半面、毎日使うので汚れやすく洗濯が大変!そこで、マットを使わないためには、耐水性が高く、傷に強く、お手入れのしやすい床材を選ぶことが大切です。油汚れもカラ拭きでサッときれいになる、汚れに強い塗装の床材がおすすめです。完全に油が拭き取れないと、滑って転ぶ原因にもなるので、注意しましょう。
【ワンポイントアドバイス】
揚げ物の際は、床に新聞紙を敷くと油がはねても、新聞紙を捨てるだけでOK!

好みの色柄で個性的なトイレ空間を演出!アンモニア汚れにも強い

トイレは特に清潔さを保ちたい場所。トイレマットをインテリアとして敷いている家庭も多いようですが、マットはこまめに洗わないと臭いの原因になることも。さらに、マットを掃除のたびに外すのは面倒です。そこで、色柄の多彩なラインナップが揃っているサニタリー専用のフローリングがおすすめ!マットがなくても自分の好みを演出できますね。サニタリー専用なら、耐水性が高い上にアンモニアによる変色も少なく、掃除もラクラクです。

マットを外すと玄関がすっきり!摩耗しにくいフローリングで長くきれいに

玄関にマットがないだけで、驚くほどすっきりとした印象になります。ぜひ、一度試してみてください。ところで、フローリングをきれいに保つコツの一つにスリッパの使用があります。特に、夏など汗をかきやすい時期は素足より、スリッパの方が床をきれいに保てます。ただし、スリッパの裏が汚れていては効果も半減です。スリッパの裏が汚れたらきれいに拭いておきましょう。また、セラミック系の対摩耗剤を塗料に配合したフローリングなら、スリッパによる摩耗がしにくいので、さらに長くきれいに保てます。

工期もコストも抑える!上から貼り重ねる簡単フローリングリフォーム

フローリングのリフォームをしたいけど、工事期間やコストが心配という人におすすめのリフォーム用床材があります。既存の床の上に貼り重ねるタイプの床材なら、工期もコストも抑えられます。豊富なラインナップから、お好みの色柄の床材を選んで、気軽にリフォームをしてみませんか。水まわりに強いタイプもあるので、リビングからキッチン、トイレ、洗面所までトータルにコーディネイトできます。

人気記事ランキング

関連キーワード