住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/10/30

掃除の満足度をあげたい!リフォーム後の家をきれいに保つ「タイプ別掃除」のポイント

リフォームした家は、いつでもきれいにしておきたいものですね。今回は、お掃除をこよなく愛し、ほぼ毎日お掃除する「掃除大好きタイプ」、掃除は好きだけど週に2~3回の「時短タイプ」、週に1回まとめて掃除をする「奮起タイプ」とタイプ別に、満足感の高まる掃除法をご紹介します。

自分の掃除タイプを知って、お部屋を気持ちよく保つ

リフォームのときにちょっと意識しておくと、掃除したあとの“満足感”と“お部屋のきれい感”がアップします。子育て中の人やフルタイムで働き、夜勤がある人など、掃除ができる頻度や時間帯は、さまざまです。お掃除をこよなく愛し、ほぼ毎日お掃除する「掃除大好きタイプ」、掃除は好きだけど週に2~3回の「時短タイプ」、週に1回まとめて掃除をする「奮起タイプ」とタイプ別に、お部屋を気持ちよく保つポイントをご紹介します。

ちょこちょここまめにお掃除する「掃除大好きタイプ」は、模様替えを加えて気分もアップ

「毎日掃除しないと、ストレスがたまる」「毎日ちょこちょこ掃除した方が一回あたりの仕事量が減ってラクだし、きれいも保てる」「手抜きが分からなくて、つい掃除してしまう」。そんな毎日お掃除をする「掃除大好きタイプ」は、逆に掃除が暮らしのリズムに組み込まれていて、「達成感がない」という弱点もあります。そんな人は、お掃除プラスアルファがおすすめ。掃除のついでに、月に一度は、リビングに飾っている子どもの写真を替える、飾り棚の絵やポストカードを季節に合わせて入れ替えるなど、プチ模様替えをしましょう。リフォームのときに、飾り棚の付いた収納や、ピクチャーレール、スポットライトなどがあると、お部屋を飾るのが楽しくなります。

掃除は好きだけど時間がとれない「時短タイプ」は、フローリングがポイント

まだ目が離せない小さな子どもがいる家庭や、仕事と子育て両立中など、思うように掃除をする時間がとれない「時短タイプ」は、週に2~3回の掃除が精一杯な場合も。「掃除したいけれど夜中や早朝に掃除すると迷惑かも」と感じる人も多いようです。「ホウキを使えば、昼寝中の子どもを起こす心配がないし、パパに『テレビの音が聞こえない』なんて、言われなくてすむので、ストレスが少ない」先輩ママからはそんなアドバイスも。
毎日掃除ができなくても、床など広い面をきれいにすると、片づいた感があります。夜、寝る前にダイニングテーブルの上にモノがないように片づけるだけでも、朝の気分は違います。
リフォームのときには、アレル物質を抑制するタイプや汚れがつきにくいタイプのフローリングを選ぶと、大助かり!さらに、自動で室内を走り回って掃除をする「ロボット掃除機」があれば掃除をかける時間を、他の家事や子どもと一緒に遊ぶ時間にあてることができます。常に床をラクに、きれいに保って、気分もすっきりさせたいですね。

掃除はちょっと…。でも、さぼってるわけではない「奮起タイプ」は、水栓金具や鏡をピカピカに

共働きママなど、普段は忙しくて掃除するのが大変、やる気があるときにまとめて掃除をしたり、週に1回とことんがんばるのが奮起タイプ。しかし、週末だけの掃除だと、家が汚いことでストレスがたまることもあります。
掃除がおっくうと感じるときにピッタリなお掃除ポイントが、水栓金具です。キッチンやバスルーム、洗面ドレッシングの水栓は、人の目につきやすくちょっとの時間でピカピカになるので、見た目が変わり達成感が大きい場所。バスルームや洗面ドレッシングは鏡もさっとふくだけで印象が変わります。分かりやすいきれいさが、掃除=面倒を解消していくコツです。忙しい人はリフォームのときに、自動洗浄トイレや、水あか汚れがつきにくいシステムバスを選んでおくと、掃除の手間がぐっと軽減されるのでおススメです。

人気記事ランキング

関連キーワード