リフォーム費用の相場・資金について

一覧

TOP

同居対応リフォーム減税

三世代同居に対応したリフォームを行う場合に所得税の控除を受けられる

キッチン、浴室、トイレまたは、玄関のうち少なくとも1つを増設し、いずれか2つ以上が複数ある場合に所得税の控除が受けられます。

ローン型減税

5年以上の住宅ローンを借りて、一定の同居対応リフォームをした場合に利用できる制度です。リフォームローンなどの年末残高のうち、対象となるリフォーム費用の2%および他のリフォーム費用の1%が、リフォーム後、居住開始した年から5年間、所得税から控除されます。

対象となる同居対応リフォーム

  • ・キッチンの増設
  • ・浴室の増設
  • ・トイレの増設
  • ・玄関の増設

上記のリフォーム工事後、キッチン、浴室、トイレ、玄関のうちいずれか2つ以上が複数あること。

投資型減税

住宅ローンの借り入れがなくても使える制度です。一定の同居対応リフォームをした場合に、控除対象限度額を上限に工事費用の10%が1年間所得税額より控除されます。

減税制度の併用

ローン型減税は、投資型減税(耐震)、ローン型減税(バリアフリー・省エネ)と併せて控除が受けられます。
投資型減税は、他の投資型減税(耐震・バリアフリー・省エネ)と併せて控除が受けられます。
同居対応リフォーム減税による所得税の控除は、固定資産税の減額(耐震またはバリアフリー・省エネリフォーム)と併用できます。

※ローン型減税、投資型減税とも適用要件があるので、利用前には、一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会のホームページなどで最新情報を確認してください。

この内容は、2016年9月1日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

補足リンク

関連リンク

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム会社を選びたい

実物を見ながら検討したい

最近のトピック