住まいの設備と建材 > リフォーム > 省エネ住宅ポイント制度 > エコリフォーム > 対象となる工事

ここから本文です。

対象となる工事

下記の対象リフォーム工事①〜⑤の合算ポイントで応募が可能です。
①〜③の工事はいずれか必須。ポイント申請の際には対象工事に関する証明書などが必要です。

  • 1ポイント=1円相当額
  • 各項目別の合算取得ポイント(上限300,000ポイント)
    ※耐震改修した場合は別途150,000ポイント加算

@設備エコ改修

〈エコリフォーム〉パナソニックの省エネ住宅ポイント制度登録申請商品 ※1月20日時点情報

対象の設備エコ改修5つのうち3つ以上の工事があればポイント発行が可能です。

  • 節水型トイレ
  • JIS A5207:2011に規定する「タンク式節水U形大便器」 または「洗浄弁式節水U形大便器」もしくは、JIS A5207:2014に規定する「タンク式節水U形大便器」 または「専用洗浄弁式節水U形大便器」と同等以上の性能を有すること

パナソニックの制度登録申請商品はこちら

  • 高断熱浴槽
  • IS A5532に規定する「高断熱浴槽」と同等以上の性能を有すること

パナソニックの制度登録申請商品はこちら

  • 高効率給湯機
  • JIS C9220に基づく年間給湯保温効率、または年間給湯効率が3.0以上であること(ただし、寒冷地仕様は2.7以上)

パナソニックの制度登録申請商品はこちら

  • 節湯水栓
  • 「住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準に関する技術情報」に定義される節湯水栓で以下の①〜③のいずれかの基準を満たすものである
    1. ①台所水栓において「手元止水機能(節湯A1)」又は「水優先吐水機能(節湯C1)」を有すること
    2. ②洗面水栓において「水優先吐水機能(節湯C1)」を有すること
    3. ③浴室シャワー水栓「手元止水機能(節湯A1)」または「小流量吐水機能(節湯B1)」を有すること
    ただし、吐水・止水操作スイッチ(シャワー)または流量調整部(シャワー)のみの交換は除く

パナソニックの制度登録申請商品はこちら

住宅用太陽熱利用システム(強制循環型)

施工店様へ

節水型トイレ
節湯水栓
対象製品を証明する書類は「対象製品証明書(省エネ住宅ポイント事務局ホームページから入手)」+「納品書(流通業者様から発行※)」です。
納品書を紛失された等の場合は、納品元へご相談をお願いいたします。
納品書が入手できない場合、下の納品書書式をご活用下さい。
記入必要項目は、①日付、②納品先、③納入元(印)住所、電話番号、④製品型番の4項目です。
納品書書式(節水型トイレ)納品書書式(節湯水栓)
高断熱浴槽
対象製品を証明する書類は、商品に同梱された「性能証明書」になります。
紛失した場合は再発行いたします。
「高断熱浴槽性能証明書」発行依頼書に必要事項を記入頂き、FAXにてパナソニック省エネ住宅ポイント相談室へご連絡ください。
高効率給湯器
対象製品を証明する書類は「対象製品証明書(省エネ住宅ポイント事務局ホームページから入手)」+「保証書コピーを貼り付けた納品書」です。
納品書台紙に必要事項を記入いただき、保証書コピーを貼り付けてください。

②窓の断熱改修

改修後の窓が平成25年基準もしくは平成11年基準に規定する断熱性能等に適合するように行う工事。
省エネ基準に適合した「サッシ」「ガラス」の組合せが対象となります。

内窓設置 外窓交換 ガラス交換

③外壁・屋根・天井または床の断熱改修

改修後の各部位ごとに、一定量の断熱材(ノンフロンのものに限る)を用いる断熱改修が対象となります。

屋根・天井 外壁 床

④上記①〜③の工事と併せて実施する項目

バリアフリー改修

現行の耐震基準※に適合していない住宅を現行の耐震基準※に適合させる工事が対象となります。
耐震改修については他の補助制度併用可能な場合がありますので事前にご確認ください。

※【現行の耐震基準】

  1. ①建築基準法施工令第3章及び第5章の4に規定する基準
  2. ②耐震改修促進法に基づく「地震に対する安全上耐震関係規定に準ずるものとして国土交通大臣が定める基準[平成18年国土交通省告示第185号]

⑤既存住宅購入加算ポイント

既存住宅購入に伴い、エコリフォームする場合に加算するポイント 平成26年12月27日以降に売買契約を締結し、売買契約締結日からエコリフォームの工事請負契約日の期間が3ヶ月以内の場合にポイントを発行します。

上限100,000ポイント

省エネ住宅ポイント事務局 公式ホームページ

パナソニック エコソリューションズ社 水廻りシステムBU