住まいの設備と建材 > リフォーム > お手入れ情報 > 収納上手のポイント

ここから本文です。

収納上手のポイント

住まいに対する不満のトップは収納。
うまく収納するにはスペースの活用と利用頻度を考えた、取り出しやすさを考えておくこと。
この2つをクリアできると満足度急上昇です。

収納上手の五ヶ条

●1.分散収納

使う場所に使うものを収納

●2.おさめる収納

よく使うものほど取り出しやすく

●3.集中収納・しまう収納

普段使わないものをまとめて収納

●4.飾る収納

趣味や個性を象徴するものは積極的に見せる

●5.今収納

今使っているものの一時収納スペースをつくる

場所別のポイント

●リビングの収納

リビングの用途が広いのに応じて、収納物も雑多。スッキリ収納するには飾る収納と隠す収納をうまく取り入れて。テレビやAV機器の配線も配慮した収納設備が望ましいですね。

●キッチン・ダイニングの収納

使う場所に使うものを。使う頻度や重さ別に収納する高さ位置を分類。奥行きいっぱいに引き出せる引き出しがあれば、ボトル類や食器も出し入れがラク。

※ストック品は1ヵ所にまとめて。

●寝室・個室の収納

衣類収納のメインスペース。収納物に応じて吊す、たたむ、ケースに入れるなどを使い分け、見つけやすく取り出しやすいことがポイント。透明ケースは重ねたものも下まで把握できて便利。

※クローゼットは天井高まで使い切り、フルオープンできる折戸にすると収納量と使い勝手がアップ。
※ウォークインクローゼットなら季節毎のの衣替え作業も不要。

●和室の収納

押入は改造すれば寝具だけでなく衣類の収納も可能に。タタミの下に床下収納ユニットの設置も。

●玄関の収納

天井まで活用すると、スキー板、ゴルフクラブ、傘などの長いものもすっきり収納。棚板を移動させてブーツもラクラク収められるようになります。カウンターに絵や花を飾る余裕も。

※壁面収納でスリッパや小物を。
※階段下のデッドスペースを利用して掃除用具やストック品を。

●外まわりの収納

アウトドア用品や園芸用品を。

●水まわりの収納

洗濯機の上も有効スペース。下着やタオル類を収納すると便利。床下収納ユニットにはストック品を。トイレでは水洗タンクの上が有効スペース。トイレットペーパーやサニタリー用品の隠す収納を。

●納戸・床下・天井裏の収納

季節外のもの、普段使わないものをまとめて収納できます。床下は湿気に注意。天井裏には重量物は出し入れが危険で不適。

納戸

天井梯子