住まいと設備の建材 > 住宅向け > 太陽光発電 > 震災で破損した太陽電池パネルの取扱いのご注意

ここから本文です。

震災で破損した太陽電池パネルの取扱いのご注意

ユーザー様へ

落下、破損しました太陽電池パネルは、太陽の光が当たっている時は発電している可能性があります。絶対に触れないようにご注意をお願い致します。
撤去作業等をされる場合は、ご購入のご販売店にご相談ください。

破損した太陽電池パネルを撤去される業者様へ

※※※ 一般の方は危険ですので取り扱わないでください ※※※

太陽電池パネル取り扱い上のQ&A

●Q1:太陽電池パネルをがれきから取り出す際、どのような注意をすればいいですか?
◯A1:
 電池パネルを素手でさわらないでください。
 ※晴れた日は発電している状態になっている場合があります。(感電する恐れがあります。)
 ※ガラス等の破片によって怪我をする恐れがあります。
 取り出し作業をする場合は、乾いた軍手やゴム手袋など絶縁性のある手袋を着用してください。


●Q2:太陽電池パネルが、がれきの中にあっても発電しているのですか?
◯A2:
 基本的には発電しますので、大変危険です。
 ※対応方法
 ・複数の太陽電池パネルがケーブルでつながっている場合は、ケーブルのコネクタを抜くか切断してください。
 ・コネクタ切断面には、ビニールテープなどを巻いてケーブル切断面の中の銅線がむき出しにならないようにしてください。
 ・太陽電池パネルに光があたらないように、段ボールか板などで覆いをするか、裏返しにしてください。


●Q3:太陽電池パネルを廃棄場に運ぶ場合は、どうすればいいですか?
◯A3:
 パネル表面のガラスを金づちなどで細かく破砕してください。


●Q3:夜間や日没後の日射のない時も、発電しているのですか?
◯A3:
 光があたらなければ発電はしませんが、作業時は日射のある時と同様に実施ください。

<ご参考>
太陽電池パネルの構成部材は下記の通りです。

半強化ガラス:(厚み 約3mm)、セル(シリコンの板、1辺10〜15cm角
厚み:0.2〜0.4mm、銀電極、半田、胴箔など)、透明樹脂、白樹脂シート
金属枠:(主にアルミ)、配線材、樹脂箱など。