ここから本文です。

太陽光発電システム

太陽光発電導入リポート 創蓄連携システムに大満足

非常時も蓄えた電気が活躍!私も、子ども達もとても安心でした!

万一の停電に備えて設置して正解ね、パパ!
家の建て替えをきっかけに、噂される南海トラフ地震の防災対策も兼ねて「創蓄連携システム」を導入しました。
オール電化ですから、万一の停電下でも最低限の生活はできるようにしておきたかったんです。
実際、落雷でご近所一帯が停電になったこともあるんですが、わが家は太陽光による自家発電と蓄電池のおかげで照明、テレビ、冷蔵庫が使えましたので、3・4時間程度の停電でしたが、普段通りの生活ができてとても安心でしたね。

ちょっとした余裕もできて、お得なことが多いですね。
建て替え前よりも住まい(以前もオール電化)を大きく設計しましたので、電気の使用量も多くなったとは思います。
でも創蓄連携などの節電設備や断熱設備で省エネ性の高い家を目指しましたから、毎月の電気代はさほど変わっていないかも。
むしろ、使った電気の量以上に発電していますので、売電分だけプラスになっています。
CM中にピッと発電チェック! これがしたかったんです!
「AiSEG※1」にも接続していますので、発電・売電状況はビエラ※2でも確認できます。
仕事から帰って、テレビを見ながらくつろいでいる時でも、CM中にピッと切り替えて「今日はこれだけ発電したんだなぁ」とチェックしています。
画面が大きい分、見やすいですよ!

※1 「AiSEG」はパナソニックグループの登録商標です。
※2 パナソニック プラズマテレビ/液晶テレビ

リビングではピエラでチェック! 寝室ではスマフォでチェック!

快適仕事人(株)かみくぼ住宅 西田 敦さま(左) 富士スレート(株)入交 健一さま(右)
もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く