ここから本文です。

太陽光発電システム

太陽光発電導入リポート エコライフに大満足

「明るいのに、どうしてオレンジ色のランプ?!」息子の節電への関心が、なんだか変わりましたよ。

「私は休日の朝に、モニタチェック!見てて飽きないよね。」

ムダな電気は消し回って、青色ランプに変えてますよ。
ワイヤレスモニタは、そのとき売電中か買電中かをランプの色で知らせてくれるんですよね。息子もモニタの前を通るたび面白半分で見ていますが、晴天のときにランプがオレンジ色(買電中)だと、「こんなに明るいのにどうして?
どこの部屋でそんなに電気使ってんの?!」とか言って、青色ランプ(売電中)に変わるまで家のあちこちを見て回ってムダな電気を消していますよ。
これまではどちらかと言えば、注意されないとスイッチを消さなかったのに。これも太陽光発電効果なんですかね。
発電効率の高い「HIT」なら、積雪シーズンでも安心だ!
太陽光パネルを設置するにあたっては屋根への負担、とくに積雪シーズンがとても気になりましたね。でも、「HIT」なら発電効率がいいので設置する枚数が少なくてすみますから、たとえ雪が積もっても屋根への負担が軽減できるな!と考えて決めました。わが家は家電製品もパナソニック!やっぱりブランド力がありますし、「HIT」なら発電効率以外にも価値(屋根への負担軽減など)を見出せるのが、パナソニックらしいなと思います。

「太陽光発電設置当月の買電額と売電額の比較」(2011年9月実績/売電額は設置後約20日間の発電量による電力会社の実際の余剰購入金額)「太陽光発電設置当月の買電額と売電額の比較」

電気料金?最近は見なくなったかも…。わずか20日間で安心しちゃって!
まず、設置したその月で「HIT」の発電効率のよさを実感しましたね。設置してからわずか20日間程度の発電量で買電額と売電額がほぼプラスマイナスゼロ!
そこでもう「あぁ、「HIT」ならこんなにイクんだ!」って安心しちゃって…そこからはあんまり電気料金の明細書は見なくなったかもしれませんね。
冬は雪が降ったり、曇天の日が多いので発電量は下がるだろうと予測していましたが、電気カーペットやエアコンを頻繁に使うわりには、女房に聞くと「電気代が1万円くらい安いの!」って感心していますからね。
HIT 230シリーズは2012年9月をもって受注終了いたしました。
もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く