パナソニックの太陽光発電システムが選ばれる理由3:
40年以上の歴史と実績!

一覧

TOP

パナソニックには、1975年に始まる長い歴史があります。

研究開始から40年以上研究開始から40年以上、品質向上に務め業界をリード
パナソニックの確かな歴史

1975年の研究開始から40年以上、パナソニックは日本での太陽電池の普及と品質向上をリード
自社での生産体制をしっかりと構え、製品は全て自社一貫生産。さらなる太陽電池の普及と品質向上に取り組んでいます!

パナソニックの確かな歴史

自社生産体制(一部)

滋賀工場 滋賀工場
島根工場 島根工場

どんな特長?どんなしくみ?ご質問・ご相談はお気軽に

日本初住宅用を開発・設置24年経った今も順調に発電
日本初の住宅用太陽光発電システムを開発・設置

パナソニックは1992年に日本で初めて住宅用太陽光発電システムを設置。(逆潮流ありのシステムにおいて)
24年経過した現在(2016年)もトラブルなく順調に発電しています。

スペシャルインタビュー

日本初の住宅用太陽光発電システムを開発・設置

太陽光発電技術研究組合 名誉顧問 桑野 幸徳氏

太陽光発電技術研究組合 名誉顧問
桑野 幸徳氏
(プロフィール)
三洋電機にて代表取締役社長を務める。現在のパナソニックの主流であるアモルファスシリコン太陽電池を世界ではじめて工業化させた人物。科学技術長官賞など様々な受賞歴を持ち、現在も太陽光発電システムの普及促進に力を入れている。
24年目の今も、変わらず順調に発電
日本で始めて太陽光発電を設置した家として、当時(1992年)のニュースでも紹介されましたが、24年目の今も発電量もほぼ一定で、これまで運転トラブルや故障は全くありません
毎朝、外がうっすら明るくなったら発電の「赤ランプ」が点灯していますよ。
今のパナソニックの太陽光発電と比べたら発電効率や最大出力にかなりの差がありますが、定期的なメンテナンスもせずに、これだけ長い間使っていても、性能が落ちずにコツコツ発電しているなんて、大した信頼性だと思います。

発電実績(1998年から2014年)

国内外で高好評国内にとどまらず、海外でも
これまでの取り組みが認められ、たくさんの賞を受賞

品質にこだわり続けてきた結果、パナソニックは国内・国外問わず、たくさんの賞を受賞
さらなる太陽電池の普及と品質向上に向け、生産体制を増強しています。

数多くの受賞実績(一部)

数多くの受賞実績(一部)

お客様の状況・疑問点に応じて、2つのご相談方法をご用意!

パナソニック商品の取扱店でご相談

このような方におすすめ!

  • ● サイトでわからなかった詳細な内容が知りたい
  • 自分の家だとどれくらい節約できるかが知りたい
パナソニック商品の取扱店でご相談

ショウルームでご相談

このような方におすすめ!

  • ● とりあえず気軽に相談してみたい
  • ● 実際に実物を見てみたい※
ショウルームでご相談

※ショウルームにより、展示がない場合がございます。お近くのショウルームの「フロアマップ・展示」をご確認ください。

取扱店に関するよくあるご質問

パナソニックがご提案するZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)
自宅で「創るエネルギー」が「使うエネルギー」よりも大きい住宅のことをZEHといいます。
このZEHには太陽光発電システムが必要不可欠。
太陽光発電システムをご検討されている皆様は、これを機におうち全体での省エネを考えてみませんか?
詳しく知る

パナソニックが追求するZEH Net Zero Energy House