住まいの設備と建材 > 太陽光発電・蓄電システム > 太陽光発電システム > モニタでエコが見える > ファームアップ情報
 > 太陽光モニタ/電力検出ユニット、太陽光用出力制御ユニットのファームウェア更新について

太陽光発電システム

太陽光モニタ/電力検出ユニット、太陽光用出力制御ユニットのファームウェア更新について

ファームウェア更新とは
ファームウェア更新とは、太陽光モニタ、電力検出ユニット、太陽光用出力制御ユニットのソフトウェア(ファームウェア)をインターネットを通じて新しいソフトに書き換える機能のことです。

バージョン表示方法

取扱説明書 別冊 出力制御編の「ファームウェアのバージョンの確認と更新」を参照して下さい。

太陽光モニタまたはパソコンの通信設定については、各機器に付属の取扱説明書または取扱説明書 別冊を参照してください。
太陽光用出力制御ユニットVBPW274R、VBPW274R-Pの確認には、太陽光用モニタVBPM274Cもしくはパソコンが必要です。パソコンをご利用の場合、Adobe Flash Playerを有効にしたブラウザを使用してください。

ファームウェア更新のタイミングとお知らせ

各機器は、4日ごとの夜間にファームウェアの更新処理を行います。更新を行った場合、モニタのメイン画面におしらせアイコンが表示されます。

VBPM274Cは、電力検出ユニット(出力制御ユニット)と接続することで時計情報を取得します。時計情報を取得するまでは、ファームウェア更新は行いません。

出力制御機能について

電力会社様からの指令値に基づいて、パワーコンディショナの出力を制御する機能です。設定を行わない限り、この機能は無効です(従来通りに動作します)。
電力会社様から出力制御対応の指示がある場合にのみ、設定を行い、機能を有効にする必要があります。

SDメモリーカードによるファームウェアの更新について

SDメモリーカードでファームウェアを更新するためのファイルは、現在、提供予定はございません。インターネット経由でのファームウェア更新をご利用ください。(2017年7月3日現在)

VBPM274C Ver.02.00Vご利用のお客様

Ver.02.00VのVBPM274Cをご利用の場合、Ver.03.04V以降のバージョンにファームウェア更新されると、ルーターなし(無線)のネットワーク接続設定画面(製造番号を入力する画面)に差異が生じます。(以下の表をご参照ください。)電力検出ユニット(余剰対応)VBPW274とルーターなし(無線)で接続設定する場合は、「余剰買取用」を選択してください。
Ver.03.00VのVBPM274CをVer.03.04V以降へ更新した場合は、差異は生じません。

VBPM274Cのバージョン ネットワーク接続設定画面の表示
Ver.02.00V 接続する電力検出ユニットの選択ボタンを表示しない
Ver.03.00V以降 接続する電力検出ユニットの選択ボタンを表示する

ネットワーク接続設定画面への遷移方法

<メニュー>⇒<設定>⇒<ネットワーク>⇒<ルーターなしで直接接続>⇒<無線LANで接続>⇒<次へ進む>

Ver.02.00Vの画面
Ver.02.00Vの画面

Ver.03.00V以降の画面
Ver.03.00V以降の画面

電力検出ユニット(余剰対応)VBPW274と接続する場合は「余剰買取用」を選択、電力検出ユニット(全量対応)VBPW274Aと接続する場合は「全量買取用」を選択。

もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く