太陽光発電システム

国際的な受賞

「HIT」はさまざまな賞を受賞しています。
「HIT」は、1997年の誕生後、研究開発と高い技術力が評価され、世界中にさまざまな賞をいただいております。
新エネルギー機器やその導入事例で優れたものを表彰する制度。当時、量産品としては業界最大出力180W、セル変換効率17.3%を実現し、同時に省スペース、省エネルギー、省資源を達成したことが評価されました。
太陽電池関連で世界最大級の国際会議で優秀な技術を称える表彰制度。当時、実用サイズの結晶系太陽電池で世界最高の光変換効率21.3%を達成したことが評価されました。
アジアにおける最大級の国際会議で優秀な技術を称える表彰制度。当時、実用サイズの結晶系太陽電池で世界最高の光変換効率22.3%へ更新したことが評価されました。
ヨーロッパにおける太陽電池関連で最大級の国際会議で優秀な技術を称える表彰制度。当時、薄型ウェハ(100um)を用いた実用サイズの結晶系太陽電池で、世界最高の光変換効率22.8%を達成したことが評価されました。
アジアにおける最大級の国際会議で優秀な技術を称える表彰制度。2009年第24回欧州太陽光発電国際会議(24th EU-PVSEC)と同様の内容を報告し、優秀な技術として評価されました。
この賞は日本経済新聞社が主催し、地球環境保全のための調査や研究、対策技術の開発などで優れた成果を表彰する制度。当時、世界最高水準の変換効率で環境保全に貢献する太陽電池「HIT」の技術開発が評価されました。
電気・電子・情報・通信分野において世界的に大きな影響を与えた革新的な技術について、その歴史的業績を称える表彰制度。太陽電池「HIT」の開発及び商業化の功績が世界規模での太陽電池の普及に貢献したことを評価されました。
太陽電池関連では世界最大級の国際会議において、実用サイズにおける世界最高変換効率25.6%を研究レベルで達成した技術が、さまざまな分野の中で2014年の最も特筆した技術として表彰されました。
● 世界最高変換効率達成については こちら をご覧ください。
もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く