「でも、お金もかかるんでしょ?」「間接照明は、部屋が暗くなりそう・・・」そんな、不安や疑問にお答えします。|SYMPHONY LIGHTING(シンフォニーライティング)|照明器具|「でも、お金もかかるんでしょ?」「間接照明は、部屋が暗くなりそう・・・」そんな、不安や疑問にお答えします。

あかりをたくさん設置するので、照明器具代がふくらみそう・・・

照明器具を、上手に組み合わせれば、コストは、従来のあかりプランとほぼ変わりません

  • シーリングライト1灯で演出した空間:器具代87,000円(税抜)
    HFA6332×2(2013年10月生産終了)
  • シンフォニーライティング:器具代90,400円(税抜)
    LGB73171LE1×2(2016年10月生産終了)
    LGB74221LE1×1(2016年10月生産終了)
    LGB74121LE1×3(2016年10月生産終了)
    LGB73121LE1×2(2016年10月生産終了)
たくさんのあかりを同時に点けるので、電気代がかさみそう・・・

LEDなど節電に配慮した器具の採用やあかりを切り替えることで、
電気代のムダが抑えられます

  • シーリングライト1灯で演出した空間 ●ツインPa70形 2台を年間約2,000時間100%点灯 ●CO2排出係数は0.43kg-CO2/kwh ●新電力料金目安単価27円/kwh(税込):電気代約6,721円/年(税抜) CO2排出量 約107kg/年
  • シンフォニーライティング ●年間2,000時間点灯を生活シーンにより、だんらん(55%)・食事(18%)・くつろぎ(18%)・シアター(9%)にて点灯:電気代3,279円/年(税抜) CO2排出量 約52kg/年
間接照明ばかりなので、お部屋が暗くなりそう…

お部屋の間取りや生活に合わせてあかりを効果的に配置することで、
明るさの不安は、解消できます

1.天井や壁などを照らすと、お部屋を明るく、広く見せることができます。 2.テーブルにあかりを集めることで、家族の気持ちも集まります。 3.テレビの後ろを照らすと、目も疲れにくいシアター空間になります。

「明るく感じる」あかりの組み合わせがあります。|SYMPHONY LIGHTING(シンフォニーライティング)|照明器具|「明るく感じる」あかりの組み合わせがあります。

一灯の場合:壁を効果的に照らすことで、低い照度でも明るく感じられます。複数灯の場合:あかりの位置を工夫すれば、少ない台数で同等の明るさを感じられます。