必要なあかりを効果的に組み合わせることで、快適な空間が生まれます。|SYMPHONY LIGHTING(シンフォニーライティング)|照明器具|必要なあかりを効果的に組み合わせることで、快適な空間が生まれます。

まずは、必要なところに、必要なあかりを配置しましょう。

間取り例

  • A
    リビングテーブルを照らす。
  • B
    ダイニングテーブルを照らす。
  • C
    壁・天井を照らす。
  • D
    低い位置にあかりをつくる。
すると、必要なときに、必要なあかりで空間を演出できます。
  • だんらんのあかり
    リビング中心に集いのあかりを設けて、全体的に明るめにします。
  • くつろぎのあかり
    全体の明るさを抑えて、低い位置のあかりを効かせます。
  • 食事のあかり
    食卓に集いのあかりをつくり、リビング側は少しあかりを残します。
  • シアターのあかり
    暗めにしつつも、目が疲れにくいように背面のあかりは残します。

快適な空間を実現する、特別な照らし方。それがシンフォニーライティングです。|SYMPHONY LIGHTING(シンフォニーライティング)|照明器具|快適な空間を実現する、特別な照らし方。それがシンフォニーライティングです。