住まいの設備と建材 > システムキッチン > リビングステーション > 特長・コンセプト > デザインについて

ここから本文です。

リビングステーション

デザインについて

写真はイメージです。

Designed by Naoto Fukasawa (深澤直人 プロダクトデザイナー)

ささまざまな機能の詰まったシンプルできれいな箱。それを部屋に置けばそこがキッチンになる。そこに人が集まり、話し、つくりながらの集いが自然に生まれます。人が囲める幸せなキッチンの姿は、もうリビングと分離した台所という部屋ではなく、空間に置かれた家具のようになる。キッチンカウンターとしてのイメージを強くしていた40ミリのカウンタートップを17ミリにしたり、空間を仕切るカウンターのイメージをなくすためにキャビネットを床から浮かせました。凹凸のない平らで広いトップは作業がし易く、汚れても散らかってもすぐにきれいな箱に戻るクリーンさがあります。このシンプルな箱にはこれからも新しい機能や技術が組み込まれていきます。

深澤直人 プロダクトデザイナー

※カウンタートップ=カウンター、またはワークトップ。