木肌

より本物らしさを感じる自然な「木肌感」。天然木の自然な凹凸を読み取り、分析を重ね、マイクロミリの単位で再現することで、手触りのよい木肌感をつくりだしました。さらに汚れを寄せ付けないコーティングをプラス。キズへの強さも持ち合わせています。

*数値は光沢度を表し、完全鏡面を100として規定している。 *数値は建具(チェリー柄)。*リビエは2014年9月末生産終了。 リビエリアロは2014年9月末生産終了

照り 突き板床材

一般的な手法の突き板塗装では、塗料で木目(細胞)を埋めてしまい、天然木のもつ「照り」や「細密な木目」を最大限に表現できません。パナソニックは、特殊な熱着色技術で木そのものの内部から色を変化させることに成功。コーヒー豆をローストするように、ムクの板を内部まで着色し、木目を際立たせ、さまざまな色を表現。床材を敷きあげた時の美しい「照り」に違いが表われます。

ナチュラルウッドタイプの照りの変化

ナチュラルウッドタイプの照りの変化
特殊な熱処理で、表面だけでなく木の内部まで色が変化。
京都大学との共同研究により「木の持つ表現の豊かさ」を数値化して把握することに成功。変角撮影画像の解析技術により、ナチュラルウッドタイプの床材が当社従来品にくらべ「木目の鮮明さ」や「照り」が十分に引き出されていることが確認できました。

照り ベリティスシート

陽の光が天然木の表面に射した時、光の粒は、複雑な細胞の中に入り込み、拡散します。 「照り」とは、この光の反射によって生まれる木の表情。見る角度によってさまざまに変化します。 パナソニックはその「照り」を先進の印刷技術によって再現。建具、収納において、ムクのような自然な照りを表現します。

ベリティスシート
自然な“照り”を再現するシート内部の構造

木目

本当に美しい木目とはなにか。その原点に立ち返ることがベリティスの出発点にありました。ムクの原木を捜し歩き、数百の中から選び抜いた本物の木目。その木目をプリント技術で精緻に再現しました。

「艶」にもいろいろありますが住まう人にとってもっとも心安らぐ光沢度は、削りたての天然木に近い「艶」。かんなで削った時に現れるムクの木肌のもつ「落ち着いた艶」を数値化し、ベリティスで実現しました。

「グロスメーター」による実測値比較
艶

色彩

初夏の新緑にみずみずしい生命力が感じられるのは、緑以外にさまざまな色が含まれているから。同様に上質の美しい天然木には幅広い色が含まれています。天然木の複雑で深い「色」を再現することで、室内空間に、木に包まれる心地よさをよりいっそうもたらすことができます。さらに、色相の豊かな建具は、幅広いテイストのインテリアに馴染みます。

色彩

原点 Index

  • Vol.1 9年目の結実。お客様と施工現場の声から生まれました。
  • Vol.2 人の感覚を数値化。ベリティスが目指した「木を超える」ということ。
  • Vol.3 8つのインテリアスタイル。専門家たちが認めた極上の木味感とその色柄。