08 黒川早織さん/今最も注目のミックススタイル

一覧

TOP

VERITIS 憧れインテリアのつくりかた 08 憧れを創りだす人たち 黒川早織さん 第2回 今最も注目のミックススタイル ヴィンテージとモダンをミックスさせ、ブラックで空間を引き締めるミックススタイルは、黒川さんが今最も注目しているインテリアです。その魅力について詳しく伺いました。

Profile 黒川早織

10代後半から30代前半までカナダと香港で暮らし、帰国後は通訳・翻訳の 仕事に携わる。2006年にオンラインショップ「サラグレース」を立ち上げ、現在実店舗として東京・南青山ほか2店を展開中。

女性らしいヴィンテージスタイル

パリのアンティークに魅了されて

仕事でよく訪れるパリで、さまざまなアンティークやヴィンテージ品を目にして、だんだん興味が湧いてきたと話す黒川さん。歴史を感じさせる味わいのあるモノを集め、自宅の書斎を使ってそれらを飾って楽しむスペースにしました。窓際には古いベビーベッドや鏡、机などが置かれ、とても落ち着いた雰囲気です。「古びた質感は、クラシックな装飾の持つ華美で甘い雰囲気を和らげてくれます。ヴィンテージ感のあるモノをプラスするミックススタイルを、ぜひ取り入れてみて」。


玄関や廊下で使われるヴィンテージのコートハンガーを書斎に。赤ちゃんの古い洗礼服をかけてディスプレイに。


キャンドルケースなどガーデングッズにはヴィンテージ感のある素敵なモノがいっぱい。初心者におすすめです。


書斎のデスクには、年代を経た革製本を置いて。同系色のキャンドル台やリボンを添えると、やさしい雰囲気に。

ブラックが空間を引き締める

パリで出会った「黒」のインパクト

パリではカフェのファサードやテーブル、窓枠など、いたるところでブラックが使われています。白とグレーにこだわってきた黒川さんですが、パリのクールなブラックに今、とても惹かれているそう。「真っ白にしていた玄関のスペースにブラックを取り入れてみたんです。コンソールを黒く塗って、黒いフレームや雑貨を飾ると、インテリアにメリハリが生まれました。空間を少し引き締めたいと思うとき、ブラックにぜひ挑戦してみてください」。


内玄関に設置したディスプレイコーナー。コンソールは黒くペイントし、ブラックのフレームで統一感を。


リビングの飾り棚。ブラックを取り入れると、空間がきりりと引き締まって見える効果が期待できます。


ブラックのハットはおしゃれなオブジェとして使えます。黒いキャンドルを添えて、シックな大人の雰囲気に。

黒川さんと考えるVINTAGEなインテリアのつくり方

ヴィンテージなインテリアを演出する効果的なアイテムや、インテリアと 床&建具の組み合わせをアドバイス。

詳しくはこちらをCLICK!

ページの先頭へ

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム店を探したい

実物を見ながら検討したい