02 門倉多仁亜さん/インテリアレッスン「ジャパニーズモダン編」

一覧

TOP

VERITIS 憧れインテリアのつくりかた 02 年代を経た日本のアンティーク家具をアクセントにした、タニアさんの「ジャパニーズモダン」スタイル。和のエッセンスを上手に採り入れるコツを伺います。 VERITIS Interior Lesson 02 Japanese Modern インテリアレッスン「ジャパニーズモダン編」

大きな家具を空間のアクセントに

古いドイツの家には大きく立派な暖炉があり、左右対称に装飾が施され、訪れた人の目を惹きつけています。これがインテリア空間の中で人の視線を集めるポイントに。日本では古来、床の間がそうでしたが、現在はその役割を果たすものがなく、平坦な空間となっていることもしばしば。タニアさんは、「小さな家具をいくつも置いてインテリアにまとまりがなくなるより、大きな家具が1つあると、それがアクセントとなって空間が引き締まります。グリーンを置いて照明で照らせば、より引き立ちますね」と話します。実際、白い壁の空間に置かれた日本の古い帳場だんすは、ひときわ存在感を放っていました。

モダンさと和を美しく調和させるコツ

年代物の和の家具をあえて、スタイリッシュな空間に置くのがおすすめ」とタニアさん。和ですべてをコーディネイトせずに、西洋的なテイストをミックスしていくことが、モダンさと和を上手に調和させるコツだとか。小物も籐や木、金属やガラスなど異素材を組み合わせることで、現代的な感覚が生まれるそうです。

VERISIS Japanese Modernを見るCLICK!

VERITIS Interior Lesson Japanese Modern ジャパニーズモダン編

和の家具とマッチするVERITISのコーディネイトについてタニアさんにアドバイスをいただきました。

Lesson 1 淡い褐色のオーク柄で光を感じる明るい空間に

「ドイツの冬は日が短く、10時に明るくなって14時には暗くなり、日中も曇りがち。だからお部屋は明るい雰囲気が好きです。光を感じさせる淡い色の建具と濃い色の和の家具を合わせて、コントラストが効いた空間に」

ドア:オーク柄/床 :オーク色・柄


Lesson2 きれいめのラグを敷いて落ち着いた大人の雰囲気に

「床もドアも深い重厚な色合いのスモークオーク柄で、落ち着いた空間になりそう。きれいな柄のラグを床に敷くと素敵だと思います。家具の上にはグリーンを置くと癒されるし、リラックスできそうですね。」

ドア:スモークオーク柄/床 :スモークオーク色・柄

次回登場いただくIDEEの小林友里子さんに、この空間に合うラグを選んでいただきました。

シックな色合いの和のアンティーク家具やジャパニーズモダンの深い色合いの空間に合わせたのが、身近な動物や植物をモチーフにしたキリムのラグ。ほどよく暮らしに色合いをプラスしてお部屋の差し色に。

自分でコーディネイトしてみよう

VERITISの色柄を変えて、シミュレーション。

VERITISの色柄でシミュレーションしてみませんか。操作はとても簡単。あなたのお気に入りのカラーコーディネイトを見つけてください。

カラーコーディネイトにトライ! カラーコーディネイトにトライ!

VERITISの機能性を探る【光や風を採り入れる】

大きな採光部からあふれる明るい光

引戸の大きな採光部が、サンルームからの明るい光を室内に導きます。

閉めたままでも通る風がここち良く

VERITISの開き戸は採光部が回転することで、ドアを閉じたまま風を通すことができます。

自分でコーディネイトしてみよう

見て、触って、体感して。 色味や質感、機能をお確かめください。

全国のショウルームでは、VERITISのドアや床をはじめ、収納や階段などさまざまな設備を展示しています。VERITISの色味や風合い、手触り感などを、実際に見て触って、実感していただけます。ぜひご来場ください。

ショウルームに行こう!

※掲載しているパナソニック商品の一部に廃番商品が含まれます。

ページの先頭へ

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム店を探したい

実物を見ながら検討したい