01 門倉多仁亜さん/インテリアレッスン「モダンクラシック編」

一覧

TOP

VERITIS 憧れインテリアのつくりかた 01 ヨーロッパの伝統的なスタイルを、現代風にアレンジした 「モダンクラシック」。タニアさん流のコーディネイトの ポイントをたくさん教えていただきました。 VERITIS Interior Lesson 01 MODERN CLASSIC インテリアレッスン「モダンクラシック編」

クラシックとモダンをバランスよくミックス

クラシックとモダンをバランスよくミックス

ドイツでは、歴史ある建物の装飾を楽しみながら、モダンな家具を入れるミックススタイルが若い人を中心に好まれているとか。逆にタニアさんはマンションの白い無機質な空間に、木の重厚なテーブルやクラシックな椅子・ソファーを合わせるコーディネイト。「クラシックとモダンのバランスを上手に取ることですね」と話されます。バランス良くミックスするためには、まず好みのテイストを考え、決めることが大切。ドイツでは「何を食べたいか」「どんなインテリアが好きか」など、暮らしの中のさまざまな場面で自分の意見を主張する習慣があるため、好みのテイストが把握しやすいそうですが、日本では多少違います。「どれが好きか分からないときは、スタイルを1つ決めて、揃えてみてもいいと思います。それから自分の好きなカラーやテイストを加えていくのも1つの方法でしょう」。

ドイツの伝統的なスタイルを 日本でアレンジした家

天井やドア、照明のまわりの飾りなど、ドイツのクラシックなスタイルを、日本の大工さんにアレンジしてつくってもらったタニアさんの鹿児島の家。設計にあたっては、日本の古い洋館もヒントになりました。いろいろな場所に座り心地の良い椅子を置いて、くつろげる場所をつくっています。

VERISIS MODERN CLASSICを見るCLICK!

VERITIS Interior Lesson MODERN CLASSIC モダンクラシック編

Lesson1 鹿児島の家のリビング

杉の建具にチーク材に似た色合いを持つ床をコーディネイトした鹿児島の家。湿気の多い風土を考えて、オリエンタルムードが漂う配色にされています。

VERISISで真似したい! 赤みがかかった上品で華やかな色合いのチェリー柄で、建具と床をコーディネイト。 ドア:チェリー柄/床 :チェリー色・柄

Lesson2 温かい雰囲気が漂う廊下

タニアさんはウォールナット柄を見ると、お祖母さまの家を思い出すそう。「あたたかみのある柄は、寒い北ドイツの家にやすらぎの空間をもたらしてくれます」と話します。また、ウォールナットは最高級の家具というイメージがあり、重厚な椅子と机、それに本棚が似合いそうとも。鹿児島の家の廊下の空間が近いイメージだそうです。

VERISISで真似したい! 重厚な紫褐色と濃淡のある縞柄模様。風格とあたたかみを兼ね備えたウォールナット柄で建具と床をコーディネイト。 ドア:ウォールナット柄/床 :ウォールナット色・柄

自分でコーディネイトしてみよう

VERITISの色柄を変えて、シミュレーション。

VERITISの色柄でシミュレーションしてみませんか。操作はとても簡単。あなたのお気に入りのカラーコーディネイトを見つけてください。

カラーコーディネイトにトライ! カラーコーディネイトにトライ!

VERITISの機能性を探る【お掃除性能】

下レールがないからお掃除がラク

引戸は下レールがない仕様。レールのごみやホコリを取る面倒さから解放されます。

VERITISの特長を見る

ホコリがたまりにくい構造

VERITISのガラス部に桟がないドアなら、ホコリがたまる場所もなくお掃除の手間も軽減。

VERITISの特長を見る

自分でコーディネイトしてみよう

見て、触って、体感して。 色味や質感、機能をお確かめください。

全国のショウルームでは、VERITISのドアや床をはじめ、収納や階段などさまざまな設備を展示しています。VERITISの色味や風合い、手触り感などを、実際に見て触って、実感していただけます。ぜひご来場ください。

ショウルームに行こう!

※写真協力/講談社『ドイツ式心地よい住まいのつくり方』、撮影/関 夏子

※掲載しているパナソニック商品の一部に廃番商品が含まれます。

ページの先頭へ

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム店を探したい

実物を見ながら検討したい