「宅配便の再配達が
ない」まちをつくろう。
宅配ボックス実証実験

一覧

TOP

2017.11.08活動開始

京都市役所において、
プロジェクト開始の共同会見を
おこないました。

2017年11月8日、京都市役所にて、京都市、京都産業大学、パナソニックの3者によるプロジェクト開始の共同会見をおこないました。

門川 京都市長、大城 京都産業大学長、パナソニック外廻りビジネスユニット 高松ビジネスユニット長のあいさつに続き、京都市とパナソニックの担当者よりあらためてプロジェクトの概要を説明させていただきました。

会見には新聞各社やテレビ局も参加、さまざまな質疑応答も飛び交い、このプロジェクトに対する社会的関心の高さがうかがえました。

会見後には、宅配ボックスが設置されているアパートと京都産業大学を巡るキャラバンツアーも実施しました。

5軒の学生(単身者)アパートには集合住宅用宅配ボックスを設置。居住されている学生(単身者)にモニター協力をお願いして、再配達の削減率を実証していきます。

京都産業大学のキャンパスでは、図書館横の人通りが多い場所に公共用宅配ボックスを設置。学生にモニター使用していただき、「どれだけ使用されたか」「どんなふうに便利になったか」等を追跡調査していきます。

京(みやこ)の再配達を減らそう!プロジェクト

このプロジェクトに関するお問い合わせ

宅配ボックス実証実験事務局

06-4400-7402

受付時間 月~金曜日/10:00~17:00

商品に関するお問い合わせ

パナソニックお客様ご相談センター

0120-878-709

受付時間 365日/9:00~20:00