「宅配便の再配達が
ない」まちをつくろう。
宅配ボックス実証実験

一覧

TOP

共働き日本一の福井県で「宅配便の再配達がない」まちをつくろう。宅配ボックス実証実験

学生(単身者)が多く住む集合住宅で深刻な「再配達」問題。
パナソニック、京都市、京都産業大学が、
産学公連携でその解決にチャレンジしました。

※ 文部科学省「学校基本調査」(平成29年) より

最終結果報告(2018年3月19日)

学生アパート等の集合住宅で、宅配便の再配達はどれだけ削減できたか?

宅配ボックスの設置によって再配達率は43%から15%に減少

〈宅配ボックス設置後の3ヶ月で、各月特定の1週間に出口調査〉3週間の荷物受け取り状況 ※世帯数66世帯/3物件

総サンプル数累計 再配達率43%から再配達率15%へ

モニター世帯の使用実感 100%が満足

Q.宅配ボックスの使用満足度はいかがでしょうか?

かなり満足 64%(7人)やや満足 36%(4人) 「申し訳なさやストレスが無くなりました。」「宅配ボックスがあるアパートを、次も選びたい。」

詳細はニュースリリースをご覧ください

①CO2排出量の削減

約50時間(17時間/月)※4の業務時間削減。⇒京都市全体のアパート物件※2換算 約219人/年※5の労働力に相当

②宅配事業者の業務時間削減

約105kg(35kg/月)※1のCO2排出量の削減。⇒京都市全体のアパート物件※2換算 約900t/年※3
  • ※1:国土交通省調査 宅配の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会 報告書 2015年より算出(再配達1回あたりの排出CO2 0.46kg)×(削減再配達33回)÷(出口調査世帯66戸)×(象モニター世帯106戸)÷(調査日数21日)×(実験期間90日)
  • ※2:京都市総合企画局情報化推進室情報統計担当 京都市の住宅の概要­平成25年度住宅・土地統計調査の集計結果から­より算出
    アパート物件=長屋建、共同住宅(1・2階建、3~5階建)と定義する
  • ※3:(CO2排出量の削減 約35kg/月)×(12ヶ月)÷(対象モニター世帯106戸)×(京都市のアパート物件数 227,190戸)
  • ※4:国土交通省調査 の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会 報告書 2015年より算出 宅配便1個の配達に係る作業時間とは宅配便配達に係る、仕分け、積み降ろし、車両の運転、車両から消費者への配達、資材整理等を含む時間
    (宅配便1個の配達に係る作業時間 約0.22時間)×(削減再配達33回)÷(出口調査世帯66戸)×(全モニター世帯106戸)÷(調査日数21日)×(実験期間90日)
  • ※5:国土交通省調査 宅配の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会 報告書2015年より
    1日の平均労働時間を8時間、年間労働日数250日を前提として労働力へ変換
    (業務時間の削減 約17時間/月)×(12ヶ月)÷(対象モニター世帯106戸)×(都市のアパート物件数 227,190戸)÷(8時間)÷(250日)
以上の数値データから、集合住宅にも宅配ボックスが有効であることが実証されました! また、大学キャンパス内に設置した公共用宅配ボックスも学生に好評。3ヶ月で利用個数112個(利用率3.9個/人)、利用満足度は83%。
  • 大学キャンパス内
  • 月ごとの利用個数 2017年11月16個、2017年12月39個、2018年1月57個

大学で使う教材やサークルの備品等を自宅ではなく大学で受け取る学生が増えました。
それまで、大学事務局で受け取っていた荷物もあり、大学職員の負荷軽減にもつながりました。

アパートマンションに集合住宅用宅配ボックスを。宅配ボックスは「家賃が上がっても欲しい設備」第1位に!

※賃貸住宅居住者675名にWEBアンケート調査(2017年10月/当社調べ)

  • 荷物の受け取り(配達員)、荷物を入れて赤のレバーを受取人の部屋番号に押し下げ、扉を閉めれば、施錠されます。荷物の取り出し(入居者)、暗証番号を押し、黒つまみの突起部分を横にスライドすると施錠されます。
  • 1 荷物の有無を色でお知らせ。荷物の受け取り状態と宛先の部屋番号を色でわかりやすく表示します。2 入居者ごとにプッシュボタンの暗証番号を設定。1代で複数の入居者に対応でき、個別に荷物を取り出せます。※4世帯の入居者様には2代以上の設置をおすすめです。3 印鑑を内蔵でき、押印が可能。伝票差込口に伝票を入れ「なつ印」ボタンを押すだけ。押印は1納品につき1回のみで、イタズラを防止できます。※印鑑は商品に同梱しておりません。4 レバー操作のみで簡単施錠。扉の内側にあるレバーを該当の部屋番号に合わせてセットするだけの簡単施錠です。

戸建て用宅配ボックスの実証実験結果も公開中!

共働き日本一の福井県で「宅配便の再配達がない」街をつくろう。宅配ボックス実証実験

このプロジェクトに関するお問い合わせ

宅配ボックス実証実験事務局

06-4400-7402

受付時間 月~金曜日/10:00~17:00

商品に関するお問い合わせ

パナソニックお客様ご相談センター

0120-878-709

受付時間 365日/9:00~18:00