ここから本文です。

ホームエレベーター小型エレベーター

新築TOP

これからの新築にはホームエレベーター

まずは、将来に備えた住まいづくりについて考えてみましょう。

新築時にホームエレベーターを設置した時のモデルプラン
POINT
POINT

お年寄りから子供まで、階段の住まいでは実現できない
平屋のような暮らし

数十年後…夫婦の2人の生活になっても生活空間を上階にプランした快適生活が実現できます。

ホームエレベーターがあれば こんなに暮らしが便利に変わります。

ホームエレベーターが「ない時」
ホームエレベーターが「ある時」
ホームエレベーターで更に快適に!

ホームエレベーター購入者の声

Q.ご購入のきっかけは何ですか?

将来に備えて 76%
荷物の持ち運び 60%
上階での生活 52%
高齢者のため 44%
上下移動の便利さ 42%
上階に高齢者の部屋 27%
身障者のため 19%
病気やけがの家族用 13%
二世帯同居 9%

ホームエレベーター設置満足度

今後、建替えるとした場合にも「ぜひ設置したい」と「設置すると思う」という方がなんと95%

ホームエレベーター設置満足度円グラフ
POINT
POINT

ほとんどのお客さまは、将来、つまり老後に備えたバリアフリー対策として設置しています。

将来に備えて設置したつもりが…現在の暮らしでも快適灯で便利灯になったことを採用されたユーザーは実感されており、満足度の高い設備商品です。

ホームエレベーターで安全性の向上

家庭内で一番多いのは、転落・転倒が最も起こりやすい階段事故!ちょっとした不注意でつまずいたり、転倒しそうになったご経験はないでしょうか?

低い段差・緩やかな勾配イメージ

低い段差・緩やかな勾配

踏み面の十分な奥行きイメージ

踏み面の十分な奥行き

滑り止め・手すりの設置イメージ

滑り止め・手すりの設置

踊り場カーブの設置イメージ

踊り場カーブの設置

POINT
POINT

階段事故は、50歳以上の高齢者で27.4%、4歳までの子供33.4%とこの世代で全体の6割を占めます。ケガは脱臼・打撲・骨折まで、高齢になれば、重症になりやすく治りにくいのが現状です。

介護・福祉向・高齢の方だけの設備商品ではありません。生活シーンを想像してください。  ホームエレベーターで家族みんなの暮らしがどんどん快適に!