蓄電システム

ファームウェアアップデート情報

創蓄連携システムパワーステーションS用リモコン設定器(パワーステーションS同梱品)

リモコン設定器に新しいファームウェアがダウンロードされると、リモコン設定器のトップ画面にファームウェア更新のお知らせが表示されます。ファームウェア更新とは、リモコン設定器のソフトウェア(ファームウェア)を、インターネットを通じて新しいソフトに書き換える機能のことです。
尚、リモコン設定器がインターネットに接続されている場合のみ、更新のお知らせが表示され、ファームウェア更新が可能になります。

ファームウェア更新中は、パワーステーションSの運転が停止し、売電などはできません。
また、更新完了後はトップ画面に戻ります。必ず運転状態を確認してください。

アップデート情報

パワーステーションS品番:LJPB21A□□□, LJPB22A□□□  ※機種により□□□には数字が入る場合があります。

2018年8月6日
Ver.2.01
1.周辺機器との接続に関する信頼性向上のため

ファーム更新の手順について

ファーム更新の手順はこちら、もしくは取扱説明書のP.45をご覧ください。尚、手順には取扱説明書の他のページや設定マニュアル参照の記載があります。
最新版は以下からご確認ください。

パワーステーションS品番:LJPB21□□□, LJPB22□□□  ※機種により□□□には数字が入る場合があります。

2017年12月28日
Ver.1.10
1.スマートHEMS(AiSEG2)と連携した出力制御に対応しました。

ファーム更新の手順について

ファーム更新の手順はこちら、もしくは取扱説明書のP.45をご覧ください。尚、手順には取扱説明書の他のページや設定マニュアル参照の記載があります。
最新版は以下からご確認ください。

出力制御機能について

電力会社様からの指令値に基づいて、パワーコンディショナの出力を制御する機能です。設定を行わない限り、この機能は無効です(従来通りに動作します)。
電力会社様から出力制御対応の指示がある場合にのみ、設定を行い、機能を有効にする必要があります。

もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く