蓄電システム

[住宅用] 創蓄連携システムとは

創蓄連携システムは、太陽光発電と蓄電池を上手く連携させ、より効率よく電気を活用できます。
電気をつくる、電気をためる、上手に連携

業界初 2つのパワーコンディショナをパワーステーションに一体化。

太陽光発電用と蓄電池用、2つのパワーコンディショナを一体化し、電気を効率よく、ムダなく活用できます。

比較
国内向け住宅用リチウムイオン蓄電システムの量産品において。(2012年2月現在。当社調べ。)

電気の変換ロスが少なく効率的。

太陽光発電の電気を蓄電池に直流で直接充電。交流への変換ロスが少なく電気を有効に使えます。

比較

昼は太陽光発電、曇りや夜は蓄電池の電気をフル活用。

平常時
※1 住宅用創蓄連携システムの場合。
停電時
※2 停電時に使える電気は、約1.5kW。天候などによって発電量が下がると、使える電気が不安定になり、使用できない場合もあります。
※3 機種により使える機器や台数は異なります。
※4 住宅用創蓄連携システムの場合。
もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く