風に対する設計のポイント「風対策」

一覧

TOP

住宅用雨といの「風対策」には、施工する地域、建物の高さに応じた「金具・吊具の取り付け間隔」と「軒といの取り付け位置」が重要なポイントです。
日本においては、台風の進路になる地域やそうでない地域があります。
同じ地域でも海岸の近くや崖の上では風が強くなり、建築の建つ周囲の地表面の凹凸状態によっても風の強さが異なります。
風圧力による軒といの脱落、金具の曲折などのトラブルを防ぐためには「施工する地域、建物の高さ」に応じて、
「金具・吊具の取り付け間隔」と「軒といの取り付け位置」を考慮しなければなりません。

1.風圧力の計算と強風地域の区分け

(1)用語の定義

●一般地域とは、基準風速Vo=30~38m/sの地域
●強風地域とは、基準風速Vo=40~46m/sの地域
●強風場所とは、一般地域の中で海岸・湖岸から200m以内の場所、風よけのない田園地帯、崖上、谷あい風道になる場所など

(2)風圧力の算定

W=C・q・A
W : 軒といの受ける風荷重(kg)
C : 風力係数=軒といは屋根の軒先につけるため、1.5とする
q : 速度圧(kg/m2) 〈1kg=9.8N〉
A : 風荷重を受ける軒といの面積(m2)=軒といの全幅(m)×金具・吊具取り付け間隔(m)

(3)速度圧の算定

q=0.6EVo2
q : 速度圧(N/m2)
E : 国土交通大臣が定める方法により算出した数値
Vo : その地域に応じ、30~46m/sまでの範囲内において国土交通大臣が定める風速

※E、Voについては平成12年5月31日建告第1454号に準じて計算してください。

2.強風地域の確認

3.地域、地区、建物の高さ別の金具・吊具取り付け間隔

金具・吊具の種類によって取り付け間隔が異なりますので、下表より決定してください。

〔対象品種〕
●吊金具・受金具(ステンレス)
●吊金具・受金具(亜鉛めっき品)
●吊金具(ステンレス+ポリカーボネート)

〔対象品種〕
●吊具(ポリカーボネート)
●積雪地対応吊金具・受金具

〔対象品種〕
●吊具(ポリカーボネート)〈高強度タイプ〉

  • ・強風地域については、強風場所の指定はありません。(全て強風場所としてみなしております。)
  • ・建物高さ31mを超える(11階建て以上)場合は、ケイミュー(株)営業所へご相談ください。

強風場所

建物の高さ、地盤面よりの高さの確認

建築物の高さを決めるとき、断崖、見はらしの良い場所にあって、その高低差が著しく大きい場合には、 周辺の地形を参考にし崖下より高さを考慮します。

4.強風地域(金具・吊具取り付け間隔450mm以内での地区)での一般的な「風対策」

  • ・軒といの取り付け位置は、軒下より風圧力をさけるように、軒先からの出寸法を短め
     (軒といの上幅の1/3の出=「雪対策」ページ参照)に調整します。
  • ・住宅用雨といは大型雨といとは異なって、高層建造物(マンション等)に取り付ける事例は少なくなります。
     高層建造物に取り付ける事例のありうる、アーキスケアE、前高130WIDEは、当ページを活用して施工をお願いします。
  • ・3階建て以上では、控金具の取り付け間隔を800mm(一般は1,000mm)に狭めてください。
  • ・サイドグリップ方式の控金具PC30では、強風でたてといが外れるおそれがありますので、溝部にしっかりはめ込んでください。
     なお、強風地域には飛散防止用の補強クリップを用意していますので、ケイミュー(株)営業所までお問い合わせください。

各地の風速の最大記録(国立天文台編 理科年表2006より)

※1 風向は、1970年までは1分間の平均風向で、1971年以降は10分間の平均風向をいう。
※2 最大瞬間風速は瞬間風速の最大値で、最大風速は10分間の平均風速の最大値をいう。
≧ : 記載した値まで観測できたが、それを超える観測記録が得られなかったことを示す。