雨水貯留タンク:デザインコンセプト

一覧

TOP

  • ヒトと環境を繋ぐ、やさしいカタチ
  • ヒトと環境を繋ぐ、やさしいカタチ

雨水貯留タンク レインセラーが思い描く、雨水を貯めて活かすシーンのひとつに、
母と子が一緒にお庭で水やりをする、ほのぼのとした場面があります。
太陽光と同じように、天からの恵みである雨を貯めて、大切に使う・・・・
ささやかだけど、わが子のエコ意識を育むこともできそう・・・・
そんな、ヒトと環境を繋ぐ、やさしい造形を追い求めながら、
さらに、洗練されたモダンな商品をめざして、レインセラーはデザインされました。

※ レインセラー ・・・・ レイン(rain):雨+セラー(cellar):貯蔵庫(ワインセラーのようなやわらかい語感。
 雨を貯めて使うという機能性をストレートに表現した造語)

GOOD DESIGN/KIDS DESIGN AWARD 2010

レインセラー200・150は「グッドデザイン賞」、
レインセラー150は「キッズデザイン賞」を受賞しました。

奥行スリムで、空間にフィット

設置イメージ 容量と、縦横の美しいバランスを考えながら、奥行をできるだけコンパクトに。
住宅用エアコン室外機と奥行を合わせ、並べた場合の設置に配慮。
R形状部分で、たてといに近接させれば、設置スペースを有効利用できます。

※レインセラー150の場合。

横ラインで、ボリューム感を軽減

外観にスリット状の横ライン4本を走らせて、本体のボリューム感を抑え、軽快感を演出。
また、横ライン内側のリブにより強度を高め、水圧などによる本体の変形に配慮しています。

R形状のデザインで、スキをなくす

外観を自然で滑らかな曲線に仕上げることにより、オープン外構施工時など、横や斜め後ろから見られてもスキが感じられない、美しいフォルムに仕上げています。

蛇口まわりの凹みで、使いやすく

蛇口まわりを凹ませて、ジョーロに雨水を注ぎやすいように工夫。
凹みの形状にもこだわり、自然な曲線形状で美しく仕上げました。

フタにも、ひと工夫

後ろへ傾斜があり、水が溜まらない フタ上を小物置きスペースに。
周囲にR形状の土手を付け、小物の落下防止に配慮。
フタ天面にはわずかな傾斜と土手の切り欠きを設け、水はけをよくしています。

見えにくいところにも配慮

フタを外すとタンク内部が確認でき、お掃除もできます。 また、ドレンキャップは本体下部の左右に設けています。